LINE Pay・メルペイなどの競合に続きPayPayも規約に不正利用時補償を記載へ|利用規約に「全額補償」明記を発表

pyapay

ソフトバンクグループのキャッシュレス決済サービス「PayPay」。そのPayPayが利用規約に、不正利用被害の全額補償を明記すると発表した。

PayPay:不正利用による被害を補償する制度の導入について ~ 「PayPay」をより安心してご利用いただくために ~
PayPay:不正利用による被害を補償する制度の導入について ~ 「PayPay」をより安心してご利用いただくために ~

発表によると、PayPayが実施したアンケートからスマホ決済サービスを利用しない理由として、不正利用に対する不安と不正利用発生時の補償対応のニーズが高いという結果が出た。PayPayは既に各種不正利用対策を行っており、更に安心して利用されるサービスとして会員増と利用促進を狙って、今回の利用規約や加盟店規約への明記を行ったとしている。

これまでの規約ではPayPayのアカウントの有る・無し、不正利用に使われた情報がカード情報か銀行情報かで補償されない場合があった。8月28日以降は、これら条件に関係なく補償されると明記される。なお「PayPay」を利用していないユーザーも、不正アクセスで流出した銀行口座情報などを用いて「PayPay」で不正利用された場合、同様に補償するとしている。ただし、被害者側に故意または重大な過失などがあった場合、対象外になる場合もあるとしている。

PayPayでの不正利用時の補償内容について(「不正利用による被害を補償する制度の導入について」より)
PayPayでの不正利用時の補償内容について(「不正利用による被害を補償する制度の導入について」より)

PayPayは去年12月に発生したクレジットカードの不正利用では、全額補償する方針で対応を行っていた。

BUSINESS INSIDER:PayPay、不正利用の返金は自社で「全額補償」と発表 ── 原因はセキュリティーコードの総当たり「ではなかった」
BUSINESS INSIDER:PayPay、不正利用の返金は自社で「全額補償」と発表 ── 原因はセキュリティーコードの総当たり「ではなかった」

このような不正利用に対して、競合であるLINE Payでは以前から「第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を導入」しており、メルペイは8月15日に利用規約へ「不正利用にかかる損害額を限度に補償する」と明記している。

LINE Pay-「LINE Pay」、安全のしくみページの「利用者補償制度の採用」
LINE Pay-「LINE Pay」、安全のしくみページの「利用者補償制度の採用」

日本経済新聞:メルペイ、不正利用時の「補償」明記 規約を改定
日本経済新聞:メルペイ、不正利用時の「補償」明記 規約を改定

[参考]
・PayPay PRESS RELEASE 2019.08.28(PDF):不正利用による被害を補償する制度の導入について ~ 「PayPay」をより安心してご利用いただくために ~(PDF)
・BUSINESS INSIDER Dec. 27, 2018:PayPay、不正利用の返金は自社で「全額補償」と発表 ── 原因はセキュリティーコードの総当たり「ではなかった」
・LINE Pay:「LINE Pay」、安全のしくみ
・日本経済新聞 2019/8/15:メルペイ、不正利用時の「補償」明記 規約を改定

Close Menu