オーバーストックのCEOパトリック・バーン氏が辞任|政治的なコメント発表のあと

米NASDAQ上場企業オーバーストック(overstock.com)のCEOであるパトリック・バーン(Patrick M. Byrne)氏が辞任を発表した。

辞任発表のプレスリリースの中で、「私は国や会社の利益のために必要なことをしたが、CEOと取締役の両方としてオーバーストックとの関係を断たなければならない悲しい立場にある」とコメントした。

今月の初め8月12日に、同社のプレスリリースにてパトリック・バーン氏が関わったとする政治的な活動についての説明を発表していた背景があった。8月12日の発表当時、オーバーストックの株価が急落する場面が見られた。今回の辞任発表では後任のCEOや、事業継続などについても明記されており、オーバーストック株価は前日比で約10%の回復を見せている。

仮想通貨関連事業も継続

パトリック・バーン氏は自社サイトへの仮想通貨決済導入や納税などでも仮想通貨の採用に積極的だった。子会社を通じて運営しているセキュリティトークンプラットフォームのtZEROは今年サービスインしており、仮想通貨業界からも注目を浴びている存在だ。

今後もオーバーストックとしては仮想通貨関連事業も続けていくことを表明しており、ブロックチェーン技術について以下のように述べている。

ブロックチェーンの革命は主要な社会制度を再構築すると思います。ID分野、中央銀行、資本市場、物流、投票分野など、我々はおそらく世界で最も重要なブロックチェーン関連事業に命を吹き込んできました。特に土地の管理方法、紙幣発行、株式市場の3つの重要分野では、子会社であるMedici Land Governance、Bitt、そしてtZEROが市場を牽引することでしょう。

参考:オーバーストックPressRelease
8月12日政治活動についてのコメント:Overstock.com CEO Comments on Deep State, Withholds Further Comment
8月22日辞任発表:Overstock CEO Patrick M. Byrne Resigns

Close Menu