オミセゴー/OmiseGO(OMG)の特徴をまとめて解説

  • 公開日:
  • 更新日:
omisego

OmiseGOは、イーサリアムを利用した決済プラットフォーム「Omise」を提供する「Omise Holdings Pte.Ltd」が発行する仮想通貨です。「Omise」はアンバンクド(金融機関を利用できない人々)が多い東南アジア圏(特にタイ)で既に広く利用されている決済サービスで、「Omise」上で使用される基軸通貨が「OmiseGO(OMG)」になります。


設立と創始者

Omiseは2013年6月に日本人企業家である「長谷川 潤」氏らによってタイで創立されました。長谷川氏は2017年にBest Startups Top10に選ばれたほどの人物です。

2017年6月にOmiseGOのプライベートICOを開催し、わずか2日間で当初の1900万ドルを上回る2500万ドルの資金調達に成功しました。OmiseGOのアドバイザーにはイーサリアムの創業者Vitalik Buterin氏を始め、錚々たるメンバーが名を連ねています。

OmiseGoの特徴

1. 銀行口座なしで決済
OmiseGoのネットワークを使用したアプリをスマートフォンにダウンロードしておけば、銀行口座やクレジットカードがない人でも仮想通貨で安く簡単に送金・決済することができます。

2. 分散型取引所(DEX)機能
OmiseGOはイーサリアムのブロックチェーンを利用することで中央集権的な取引所を介すことなく、直接専用のウォレットから複数の仮想通貨への交換を可能にします。また直接取引となるため、手数料を安く抑えることができます。

3. 大手企業とのパートナー提携
SBIインベストメント、SMBC(三井住友銀行)、SMDV、ascendcapitalなど世界の大手企業とパートナー関係を結び、サービス拡大に努めています。既にタイの金融庁やタイのマクドナルドでは、OmiseGOの決済サービスが利用できるようになっています。

OmiseGOのデメリット

OmiseGoはイーサリアムをベースにしているため、イーサリアムのスケーラビリティ問題が常につきまとってきます。

スケーラビリティ問題とは
ブロックチェーンネットワークの利用者およびデータ量が拡大していくことで送金遅延、手数料増加、処理速度の低下などの問題が起こってしまうこと

つまりこのままではいずれOmiseGOを使用する中で送金遅延や手数料増加、処理速度の低下といった問題に直面してしまう、ということです。OmiseGOは現在この問題を解決するために、イーサリアム開発の「Plasma」プロトコルを活用した「Tesuji Plasma」というネットワークを開発中です。

基本情報

ジェネシス日 2017/07/06
ブロックタイム
発行上限 140,245,398
ハッシュアルゴリズム
コンセンサスアルゴリズム Proof of Stake
ホームページ https://omisego.network/
ホワイトペーパー https://cdn.omise.co/omg/whitepaper.pdf
エクスプローラー https://etherscan.io/token/OmiseGo
取引所 Binance、Bithumb、Huobi、BitMart、OKEx、DigiFinex、Bitthumb、Ethfinex、Hotbit、IDCM、BitForex他多数

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu