テザー裁判、NYAGの管轄権が認められ調査が継続される

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI
bitfinex tether

ニューヨーク司法当局(NYAG)とビットフィネックス(Bitfinex)およびテザーの間で行われていた裁判で、ニューヨーク最高裁判所は、ビットフィネックスとテザーの申し立てを却下し、NYAGの管轄であることを認める判決を下した。

ビットフィネックスとテザーは、「ニューヨーク州でサービスを提供していないこと」や「マーティン法の対象外」であることを理由に、NYAGによるUSDT準備金の不正利用疑惑調査の対象外と主張する申し立てを行っていた。しかし、今回NYAGの管轄権が認められ、不正利用疑惑の調査も継続することが決定した。

この判決を受け、ビットフィネックスとテザーは、声明を発表。

コーエン判事が、7月下旬の私たちの申し立てを検討し、昨日判決を発表したことに感謝します。申し立てに対する却下の判決に失望していますが、ニューヨーク州司法当局によるいかなる訴訟に対しても、引き続き徹底的に対抗していきます。これらの問題を上訴でさらに追求する機会に期待しています。

また、8億5,000万ドルのUSDT準備金の不正利用疑惑に関しては、下記のように否定している。

テザー(USDt)に関する裏付けやビットフィネックスとテザーの間でトランザクションがネゴシエートされ、お客様を惑わしたという主張はすべて間違っています。

参考:tether

Close Menu