NTTドコモ キャリア決済「d払い」で補償制度導入へ|携帯大手3社では初導入

d-barai

通信大手「NTTドコモ」が提供する「d払い」が28日、不正利用時の被害補償制度を導入したと西日本新聞が報じた。「d払い」はNTTドコモが提供しているキャッシュレス決済サービスで、28日に利用規約改定を行い不正利用への補償制度を開始した。

西日本新聞:キャリア決済の不正被害、ドコモが補償制度 「泣き寝入り」の規約を改定、大手3社で初導入
西日本新聞:キャリア決済の不正被害、ドコモが補償制度 「泣き寝入り」の規約を改定、大手3社で初導入

NTTドコモ:「d払い」等における不正利用の被害を補償する制度を導入
NTTドコモ:「d払い」等における不正利用の被害を補償する制度を導入

「d払い」はインターネットや店舗等で購入した商品の代金を携帯電話の通信料と合算して払う「キャリア決済」といわれるキャッシュレス決済サービスである。このような「キャリア決済」はNTTドコモ以外のauやソフトバンクも導入しているが、これまでこのサービスを悪用した不正利用に対し、大手3社が補償制度を導入していない問題があった。

西日本新聞:「泣き寝入りするしか…」便利なキャリア決済、思わぬ”落とし穴” 大手3社、不正利用でも契約者に請求
西日本新聞:「泣き寝入りするしか…」便利なキャリア決済、思わぬ”落とし穴” 大手3社、不正利用でも契約者に請求

この問題に対して、消費者の問題に対応する国民生活センターでは「キャリア決済の補償については、制度がありません。泣き寝入りするしかない」として問題視し、今月には注意喚起通知を各地の消費者センターに出していた。

伊勢市 消費生活センター注目情報:消費生活センターからのお知らせ~令和元年8月~SMSでのフィッシング詐欺に注意!
伊勢市 消費生活センター注目情報:消費生活センターからのお知らせ~令和元年8月~SMSでのフィッシング詐欺に注意!

西日本新聞の取材に対し、NTTドコモ広報部は次のように説明している。

従来は個別対応で補償を実施してきたが、28日からは被害額を原則全額補償する。
27日以前に発生した被害についても同様に対応する。

なおNTTドコモ以外の大手2社は西日本新聞の取材に対し、次のように回答している。

(キャリア決済)の利用規約改定は現時点では未定
ユーザーに安心して利用してもらうため、補償なども含め必要な対応を検討している

[参考]
・西日本新聞 経済 2019/8/29:キャリア決済の不正被害、ドコモが補償制度 「泣き寝入り」の規約を改定、大手3社で初導入
・NTTドコモ ドコモからのお知らせ 2019年8月28日:「d払い」等における不正利用の被害を補償する制度を導入
・西日本新聞 経済 2019/7/26:「泣き寝入りするしか…」便利なキャリア決済、思わぬ”落とし穴” 大手3社、不正利用でも契約者に請求
・伊勢市 消費生活センター注目情報:消費生活センターからのお知らせ

Close Menu