キニナル仮想通貨ニュース-2018年6月4日

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
キニナル仮想通貨ニュース-2018年6月4日

2018年6月4日までのFINTIDEで注目した、キニナル仮想通貨ニュース/コラムです。

ブロックチェーンをベースにした新興宗教が誕生

by geralt仮想通貨に使われる技術「ブロックチェーン」をベースにした宗教「0xΩ」の存在が発表されました。0xΩは宗教活動をブロックチェーンを通じて行うというもので、創設者は「最高権威」と

<今日の仮想通貨市況>リップル急伸、SBIが仮想通貨交換参入//モーニングスター

4日午前9時30分現在の仮想通貨は、1リップル(XRP)が1XRP=76円前後(過去24時間比8.0%高)と急伸。その他の仮想通貨も、ビットコイン(BTC)が1BTC=85万円前後(同1.1%高)、1イーサリアム(ETH)は1ETH=6万

中国の仮想通貨取引所を含む関連企業が続々と韓国市場へ移動?その理由とは|CoinChoice

中国で仮想通貨に対する取り締まりが強化されたことにより、中国の取引所やICO(イニシャル・コイン・オファリング)、投資家がこぞって韓国のマーケットに活動の場を移しており、韓国の仮想通貨業界が中国人投資家で占められるのでは、との懸念が広がっている。 …

SBIが仮想通貨交換業「VCTRADE」を開始 — 「手数料革命」は本当に起こるのか

SBIホールディングス傘下の「SBIバーチャル・カレンシーズ」は2018年6月4日、仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」を開始した。取り扱…

6月13日は「仮想通貨厄日」となるか SECが規制方針を示す可能性

米証券取引委員会(SEC) が6月13日に仮想通貨やフィンテックなどについて議論するタウンホールミーティングをジョージア州立大学で開催する。SECからは5人のメンバーが参加する予定だ。   COINGEEK が報じた。  SECは仮想通貨やICO(Initial Coin …

G7、米の輸入制限に「懸念と失望」 トランプ氏に異例の伝達要請

カナダ・ウィスラーで開かれた先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が2日(日本時間3日)、閉幕した。米国の鉄鋼輸入制限をめぐる対立は解けず、カナダが急遽(き…

米仮想通貨交換業者が認証プロセス変更、取引停止で懸念する顧客も

米仮想通貨交換業者ポロニエックスが、口座認証に必要な新たな文書を顧客がアップロードするまで仮想通貨の取引と引き出しを停止した。これを受け、一部利用者の間に資金回収ができなくなるとの懸念が広がった。

EOSのシステムにバグ!?真実なのか?FUDなのか? | NEXT MONEY|仮想通貨メディア

EOSのシステムにバグ!?真実なのか?FUDなのか? メインネットローンチを控えている仮想通貨EOSに、致命的なバグがあったとして報道されました。 このバグは、EOSネットワークノードに任意のコードを実行させることができてしまうという脆弱性であり、中国の大手インターネットセキュリティ会社である奇虎360が発見しました。 Media has incorrectly reported a potential delay in the release of EOSIO V1 due to software vulnerabilities. Our team has already fixed most and is hard at work with the remaining ones. EOSIO V1 is on schedule; please stay tuned to our EOSIO channels for official information.

仮想通貨モナコイン「消失」で緊急説明会、杉井氏「ブロックの確定に問題」と説明

海外の仮想通貨取引所が攻撃を受け、日本円換算で1000万円程度の仮想通貨「モナコイン」が”消失”した事案について6月1日、ブロックチェーン推進協会が…

仮想通貨への投資目的で出資募る 無登録2社に業務禁止申し立て 計41億円集金

証券取引等監視委員会は、仮想通貨で運用する金融商品への出資を無登録で募っていたとして、オレンジプランとゴールドマインの2社と両社の社長に2人ついて、業務の禁止を命じるよう、東京地方裁判所に申し立てたと発表した。

イギリス規制当局が24の仮想通貨取引所を対象に調査を開始

この記事の3つのポイント! 1.ロンドン規制当局が24の取引所を対象に捜査開始 2.捜査の目的は仮想通貨の価格操作が行われていないか確認するため 3.対応は明確には決まっておらず、ケースバイケースで行われる 記事ソース: Citywire ロンドンの地元メディア Cirywireは ロンドンの規制当局が国内の24の取引所に対して価格捜査の疑いで捜査を開始する と報じました。 …

仮想通貨を狙う「不正マイニング」が急増 スマホやサーバも標的に――トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロの脅威動向分析によると、2018年1~3月期は、仮想通貨の発掘を狙う「不正マイニング」が急増し、手口の巧妙化や、攻撃対象の拡大が見られたという。また、国内ではフィッシング詐欺も急増。マルチサービスアカウントや仮想通貨取引サイトの認証情報などが狙われている。

今週のブロックチェーン:仮想通貨取引所へ新たに2社が参入意向を表明 【iNTERNET magazine Reboot】

仮想通貨取引所に対する規制が強化されたことなどから、体制整備にかかるコストや競争環境などを鑑みて、既存の取引所のうち何社かが事業の撤退を表明したことは既報のとおりだ。一方、今週は新たに2社が仮想通貨取引所事業への参入意向を表明した。1社はエイベックスで、もう1社はマネーフォワードである。両者ともよく知られている企業であり、既存事業との相乗効果などが期待される。

米調査会社が仮想通貨格付けランキングを発表 ワースト4は……

米調査会社Weiss Ratingsは93種類の仮想通貨で構成する仮想通貨格付けランキングを発表した。   Bitcoinist が報じた。  今回から初めて、(1)仮想通貨の技術と普及状況、(2)リスク報酬比の2つの評価基準を基にランキングを作成。 仮想通貨格付けランキングトップ7  A(優秀=excellent)からE(非常に脆弱=very …

gumi、仮想通貨事業へ参入 投資ファンド設立 「将来の収益機会を確保するため」

スマートフォンゲームなどを開発するgumiが、仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入すると発表した。子会社を通じ、関連企業へ投資するファンドを設立した。

仮想通貨への攻撃が増加、悪意あるマイナーが欠陥を悪用

さまざまな仮想通貨の取引確認にはコンピューターで複雑な計算を行うものだが、そうしたコンピューターの運用者で悪意ある者がここ数週間に、自身のネットワークを攻撃している。今回の標的は最も広く知られるデジタル通貨、ビットコインから派生したビットコイン・ゴールドだ。 …

PoWの知られざる弱点と未来 ~ 仮想通貨での不可能な攻撃が現実に ~ 51%攻撃・詳細・特徴 | NEXT MONEY|仮想通貨メディア

最近、Proof of Work(PoW)のアルゴリズムを採用している通貨へのハッキングが相次いでいます。 現時点で発覚しているのは、 モナコイン(MONA)、 バージ(XVG) 、ビットコインゴールド(BTG)です。 過去の NEMのハッキング事件 などと比べると、被害金額は少ないです。なので、あまりニュースなどでも取り上げられていませんが、暗号通貨の構造上の脆弱性を露見した事件です。 …

仮想通貨の資金消失をもたらした「51%攻撃」とは何か

ビットコインゴールドやモナコインといった仮想通貨の資金流失や不正流出が相次いでいる。「51%攻撃」というブロックチェーンそのものが狙われた新しいタイプの攻撃だ。ビットコインでも起こるのだろうか。

G7財務相・中銀総裁会議:米利上げ影響など議論 あすから – 毎日新聞

日米欧の主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が今月31日から3日間の日程で、カナダのウィスラーで開かれる。米国の利上げに伴う新興国への影響など世界経済について意見を交わすほか、中国の周辺国への過剰融資や仮想通貨への規制のあり方などについて議論する。自動車の輸入関税引き上げを検討する米国を念頭

サイバー攻撃、仮想通貨盗掘にシフト スマホ要…(写真=ロイター)

サイバー攻撃の主流は身代金要求から仮想通貨の盗掘へ、対象もスマートフォン(スマホ)に広がる――。セキュリティー会社の調査から、こんな実態が明らかになった。スマホの処理能力が上がったことに加え、攻撃ソ

金融庁のFX規制、証拠金倍率10倍への引き下げ見送りへ

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)規制の一環で検討していた証拠金倍率(レバレッジ)を現行の25倍に据え置く方針を固めた。まずは業者任せになっているストレステストの精緻化などで決済リスクの監視を強化することを優先する。

韓国の国会が、国内でのICOを許可する正式な提案を行う | NEXT MONEY|仮想通貨メディア

韓国の国会が、国内でのICOを許可する正式な提案を行う 韓国の国会は、国内でのICO(イニシャルコインオファリング)を2017年の9月より8ヶ月間禁止していましたが、これを許可する正式な提案を行なったことが判明しました。 韓国国内のビジネスコリアの報道によると、300議席を要する国会議員は、関連する投資家保護規定遵守することで、国内のICOを許可する公式な提案を準備しているようです。 …

三菱UFJ銀行、独自仮想通貨「MUFGコイン」の実用テスト実施へ|CoinChoice

日本最大の貸し手であるに三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)は、自社開発の仮想通貨『MUFGコイン』の発行を計画している。この件に関して、顧客である約10万人のアカウント保有者が関わる大規模なテストを行う予定だ。またMUFGは、仮想通貨のシステムであるブロックチェーン技術を銀行全体の業務に活用する方法を検討しているとも言われている。 …

仮想通貨IOTA(アイオータ)が国連プロジェクト機関(UNOPS)と提携、業務効率化を目指す|CoinChoice

IOTA(MIOTA)が、国連のプロジェクト・サービス機関(以下:UNOPS)と覚書を交わし、国連の膨大な作業の効率と透明性を強化することになった。両者の提携は、データ管理用にオープンソース分散型台帳を進めるIOTAの革新的なテクノロジーが、UNOPSの業務の効率向上にどのように貢献するか調査することを目的としている。IOTAにとっては、特筆できる利用ケースとして世界に証明するチャンスである。

日本国内でのプライバシーコイン取り扱い停止に関する議論|CoinChoice

コインチェック社から匿名通貨(ZEC、XMR、DASH)、および賭博性がある利用がされる可能性があるAuger(REP)の取り扱いを中止する正式なプレスリリースがでました。 関連: 仮想通貨(XMR、REP、DASH、ZEC)4種類の取扱い廃止:コインチェック コインチェック社の前CEOで創業者の和田さんは、以下のようにツイートをしています。 …

51%攻撃の被害を受けやすい仮想通貨がわかる「51crypto」

「仮想通貨」はブロックチェーン技術を使用しており、誰かが不正な取引を行おうとしても、複数の端末が一斉に取引を検証するため不正ができない仕組みとなっています。しかし、悪意のあるユーザー側に付く端末が

関連ワード:仮想通貨ニュース
Close Menu