キニナル仮想通貨ニュース-2018年5月21日

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
仮想通貨ニュース5月21日

2018年5月21日までのFINTIDEで注目した、キニナル仮想通貨ニュース/コラムです。

<今日の仮想通貨市況>”GACKTコイン”ことSPINDLEは軟調

21日午前9時25分現在の仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=95万円前後(過去24時間比3.7%高)、1イーサリアム(ETH)が1ETH=7万9000円前後(同3.2%高)、1リップル(XRP)が1XRP=77円前後(同3.8…

仮想通貨、リスクある一方で技術活用も どう向き合う?:朝日新聞デジタル

円やドルのように政府や中央銀行の裏付けがないのにネット上で流通し、急な値上がりで人気を集めた「仮想通貨」。交換業者の不正流出問題で取引を巡るリスクが鮮明になる一方、仮想通貨の技術を活用しようとする動きも出ています。仮想通貨は今までのお金の概念を変えるのか、一時的な投機の対象で終わるのか。みなさんはどう向き合っていきますか。 …

・関連:
仮想通貨、リスクある一方で技術活用も どう向き合う?:アンケート結果ページ

仮想通貨「モナコイン」のブロックチェーン、攻撃受け「巻き戻し」 国内取引所も警戒

国産仮想通貨「モナコイン」(MONACOIN)のブロックチェーンが5月15日までに、マイナー(採掘者)による攻撃を受け、巻き戻し(Reorganization/…

“改ざんされない”ブロックチェーン技術に陰りか–「モナコイン」でハッキング被害

国産の仮想通貨である「 モナコイン 」が、「Block withholding attack」「Selfish …

巨大銀行が「仮想通貨」を体内に取り込む理由とは

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の日本の3巨大銀行(メガバンク)がそろって仮想通貨の技術を用いた送金や決済などの実証実験に乗り出した。このことから銀行が仮想通貨を体内に取り込み、活用する方向が鮮明になった。

マネックスは仮想通貨で米国進出を検討、コインチェック買収で動く

マネックスグループの松本大社長は、米国で仮想通貨事業への参入を検討していることを明らかにした。ネット証券大手の同社は、仮想通貨の不正流出問題を起こした交換業者のコインチェックを4月に買収したばかりで、これを機に海外事業の拡大を図る。

仮想通貨の規制 技術革新妨げず

【ニューヨーク=関根沙羅】ニューヨークで14~16日、世界最大規模の仮想通貨イベント「コンセンサス」が開かれ、米証券取引委員会(SEC)や米商品先物取引委員会(CFTC)などの規制当局関係者が仮想通

XRPエコシステム構築に向けて動き出したリップル | TechCrunch Japan

仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン、そして開発者から多大な支持を得ているイーサリアムに続き、XRPは世界第三位の仮想通貨だ。 Coinmarketcap.comの情報によれば 、その時価総額は5/14時点で287億ドルにのぼる。その一方で、これまでに発表されたいくつかのパイロットプロジェクトを除くと、XRPは実世界ではほとんど利用されていない。 しかしそれもすぐに変わるかもしれない。 …

関連ワード:仮想通貨ニュース
Close Menu