イタリアサッカー強豪のユベントスが発行したトークンにて投票を実施しテーマソング決定

イタリアサッカーのトップリーグセリエAの強豪ユベントスは、発行していたユベントスファントークン(JUV)を通じてファン投票を行い、ホームのゴール時に使われるテーマソングが決定した。

ユベントスはChilizプロジェクトが運営するSocios.comを通じて、ユベントスファントークン(JUV)2000万トークン(約48億円)を発行していた。

このトークンはイタリアのトリノに構えるホームグラウンド、アリアンツ・スタジアムでのゴール時に使われるテーマソングを決定するための投票権が含まれており、投票の結果Blur”Song2″(33.65%)、P.O.D”Boom”(23.06%)、House of Pain”Jump Around”(21.81%)、Blink182″All the Small Things”(21.48%)で、Blur”Song2″に決定した。

チリーズ(chiliz)とは

ヨーロッパのサッカー強豪チームにSocios.comを通じたデジタル通貨ソリューションを提供しているプロジェクト。アトレティコ・マドリード、パリサンジェルマン、ユベントス、ウエストハム、ASローマ、ガラタサライとすでに提携している。

バイナンスから出資も受けており、Chiliz (CHZ)はイーサリアムのERC-20とバイナンスチェーンのBEP-2にて発行されている。

参考:New Goal Celebration Song For Juventus Is Revealed

Close Menu