NEMブロックチェーンを使った、写真投稿型コミュニケーションサービス「nemgraph」

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

22日、NEMコミュニティの声からはじまった、暗号通貨NEM(ネム)を使用した写真投稿型コミュニケーションサービス「nemgraph」がスタートした。

サービスには、ネムのブロックチェーンが利用されており、RiNG機能、写真の販売、投げNEM機能などが実装されている。

RiNGは、Registeration in NemGraphの略で、投稿写真の証明をオプションで設定できる機能で、投稿写真の情報をブロックチェーンに記録することができる。カタパルト後の扱いについては未定。

写真の販売に関しては、1~100xemの価格設定で販売ができ、使用権はクリエイティブ・コモンズのCC0扱いとなっている。現在は一度設定した価格は変更できないとのこと。

この他にも、紙芝居的な使い方ができる複数画像投稿機能や写真をアップするだけでフォロワーにその位置情報をシェアできる機能などもある。

nemgraphは、メールアドレスを使って登録でき、ログイン後の初期設定で投げNEM機能などを利用するため、NEMウォレットの作成または既存のNEMウォレットとの連携が必要となっている。

現在、nemgraphでは、xemを賞金としたフォトコンテスト2019を開催している。nemgraphフォトコンテスト2019概要は下記の通り。

・コンテスト期間/~2019年9月20日
・コンテスト部門/ポートレート部門、アニマル部門、ネイチャーフォト部門
・最優秀賞作品1点/賞金:10,000xem
・部門別 最優秀賞作品 3部門x1点/賞金:各3,000xem
・部門別 入賞作品 3部門x2点/賞金:各1,000xem
・特別枠 エヌ賞 1点/賞金:NEMGRAPHネックレス+1,000xem

公式サイト:nemgraph

関連ワード:ネム(NEM)
Close Menu