フジャイラ国立銀行(NBF)、リップルネットとマルコポーロネットワークに参加

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

アラブ首長国連邦(UAE)のフジャイラ国立銀行(NBF)は、リップルネットを利用して、世界中でお金を送受信できるように他の銀行と協力し、2019年の実用化を目指している。

NBFは、今月9日にマルコポーロネットワーク(Marco Polo Network)にも参加しており、参加者間でのシームレスで安全なデータと資産の交換、および貿易や運転資本金融プラットフォームを活用して顧客体験を向上していくと述べている。

また、同銀行は、ブロックチェーンテクノロジー、デジタルバンキングアプリケーション、ロボティクスプロセスオートメーションに力をいれており、「klip」と呼ばれるデジタルウォレットを利用し、UAEでのキャッシュレス化を目指し、便利、安全、効率的なデジタル支払の提供を行っている。

参考:Entrepreneur(magazine)

Close Menu