MUFGがST(セキュリティトークン)研究コンソーシアムを設立|次世代金融サービス提供に向けLayerXと協業

MUFG(株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ)は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、株式会社三菱UFJ銀行など協力企業全21社と共に、セキュリティトークンの発行・流通基盤を研究するST(セキュリティトークン)研究コンソーシアム(SRC)を設立した。

これまでも三菱UFJ信託銀行はカストディ、クリアリング、エスクローに係る基盤技術の特許出願を行っており研究を行ってきたが、通貨や証券のデジタル化技術の進化に伴い、改めて協力会社とコンソーシアムの設立を行い本腰を入れる。

このコンソーシアムはMUFGの子会社である三菱UFJ信託銀行が主導し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券および三菱UFJ銀行の2社と連携して運営する予定となっている。

セキュリティトークンプラットフォーム「Progmat(プログマ)」

このセキュリティトークン発行プラットフォームは「Progmat(プログマ)」と名付けられており、トークンとスマートコントラクトによって構成され24時間どこからでも専用端末なしに利用できるプラットフォームを目指している。

具体的に社債などのセキュリティトークン取り扱いを想定しており、既存の金融構造を改革する「Simple」「Speedy」「Secure」な次世代システムとする。

テクニカルパートナーはLayerX

このST研究コンソーシアム(SRC)にテクニカルパートナーとして参加するのは、国内のブロックチェーン企業LayerXと発表された。

LayerX社は国内で初めてイーサリアム財団から財団助成制度に選ばれた研究開発企業で、これまでも大手金融機関に対しブロックチェーン技術領域に関するコンサルティングや共同開発事業を進めてきた経緯を持っている。

今回の発表でLayerX社は、ブロックチェーンの先進的な技術者集団としてより効率的な社会の実現にむけて協働していくと発表した。

参考:MUFG「ST 研究コンソーシアム」の設立およびブロックチェーンを活用した次世代金融取引サービスの開発について
LayerXプレスリリース

Close Menu