月刊仮想通貨注目ニュースベスト5【2019年2月編】

仮想通貨関連のニュースは毎日、毎時間、いや毎分毎秒と実に様々なニュースが飛び込んできます。数分前に読んでいた速報ニュースも次から次へと流れてくる新しいニュースに上書きされ、あっという間に記憶の中から消え去ってしまうのが常。そんな儚くも流れてしまったニュースを改めてほじくり返す、それが「ミトミツさんの月刊仮想通貨注目ニュースベスト5」!

MT:「はい、どうも~。『月刊仮想通貨注目ニュースベスト5』ナビゲーターの“ブロックチェーンおじさん”ことミトミツ(MT)です。」
MT:「最新ニュースがバンバン飛び込んでくるCOINPOSTのニュース記事リツイート数から仮想通貨界の注目ニュースを勝手に測定しちゃおうというこのコーナー。」
MT:「ん?そろそろFINTIDEで測定しろ?先般申し上げておりますとおり、FINTIDEはニュースサイトではないのですよ~。ハッハッハッ、それでは早速5位からどうぞ!」

注目されたニュースをチェックしておけば今後の動きが見えてくる!
 

【第5位】仮想通貨取引所コインベースがXRP上場を発表

【速報】米仮想通貨取引所コインベース、待望のXRP(リップル)上場を発表|価格も急反応で10%高を記録

米国の大手仮想通貨取引所コインベースは米時間25日、段階的に仮想通貨XRPの上場プロセスをCoinbase Proで開始する方針を公式ブログにて発表した。…

MT:「XRP(リップル)の躍進が止まりません。ついにアメリカの大手仮想通貨取引所であるコインベースにXRPが上場することになりました。これまでコインベースはXRPの有価証券問題を理由にXRPの上場を渋っていましたが、「XRPは有価証券ではない」と正式に認めたというわけです。コインベースへの上場によってXRPは更に勢いを強めていくことでしょう。あわせて仮想通貨業界全体の盛り上がりにも繋がっていくことに期待したいです。」

 

【第4位】Euro Exim BankがxRapidの実利用開始に言及

英銀行、仮想通貨XRPの「xRapid」を利用した国際送金開始を明かす|実利用段階に確かな手応え

銀行として初めて、「xRapid」採用を表明した英「Euro Exim Bank」と、同様にxRapidの採用をしている英送金企業「Mercury FX」が、ロンドンのリップル社主催のイベント「Ripple Regionals」に参加。各代表者が、xRapidやXRPの必要性と有用性を語った。…

MT:「イギリスの銀行「Euro Exim Bank」は今年1月にxRapidの導入を発表し、2月に入ってxRapidの実装成功を発表していました。そこから程なくして今度はxRapidを利用した国際送金サービスを顧客向けに提供していたというのですから驚きです。xRapidの強みである速さは、送金の速さだけでなくサービス開始までの速さも意味していたというわけですね。いや~、これは一本取られましたな。」

 

【第3位】安倍総理が国会で仮想通貨(ブロックチェーン)に言及

安倍総理『仮想通貨に活用されるブロックチェーン技術を含め、大きな可能性がある』ビットコインなどの成長産業について国会で答弁

参議院議員の藤巻健史議員は7日、参院予算委員会にて安倍総理に対し、ブロックチェーン・仮想通貨に関する質問を行った。…

MT:「安倍総理が国会の場で仮想通貨やブロックチェーンについて何かしら発言をしてくれると、仮想通貨業界は大いに注目しやはりざわつきますよね。総理の発言からはブロックチェーンには大きな可能性を感じているものの、仮想通貨とはどうも今のところは一定の距離を取ろうとしている姿勢が垣間見えました。」

 

【第2位】新経済連盟が「暗号資産の新たな規制に関する要望」を提出

楽天の三木谷氏が代表理事を務める新経済連盟、「仮想通貨規制に関する要望」を金融担当大臣に提出

一般社団法人 新経済連盟は14日、「暗号資産の新たな規制に関する要望」を金融担当大臣宛てに提出したと、メディア向けプレスリリースで報告した。…

MT:「どのような業界であっても規制する側の一方的な見解だけではまともな規制は生まれません。規制される側からの建設的な意見や要望を加味してこそ、業界の発展につながる本当に意味のある規制が作られると思うのです。引き続き新経済連盟からお国への積極的な働きかけに期待が高まります。」

 

【第1位】XRPを利用した取引決済の試験運用が実施

50を超える銀行が仮想通貨XRP決済の試験運用へ|日間取引高15兆円のプラットフォームに「Corda Settler」実装

アメリカの分散台帳技術開発企業であり、数多くの世界大手金融機関が参加するコンソーシアムを率いるR3社が、企業向けグローバル決済アプリ(Corda上で動作する分散型アプリケーション:CorDapp)である「Corda Settler」の決済通貨として仮想通貨XRPを採用した件の続報が入った。…

MT:「XRPによる取引決済が実現する日はもうすぐそこまで来ているようです。仮想通貨は国内では投資の対象として見られがちですが、XRPが決済という大舞台で実運用されるようになれば仮想通貨への世間の見方も変わってくるはずです。そうなれば仮想通貨を暗号資産と呼ぶことにこだわる安倍総理も、仮想通貨にもう少し好意的な見解を示してくれるはず!頑張れ!XRP!」

 
ベスト5のうち3つがリップル関連のニュースということで、2月も引き続きリップルに大きな注目が集まりました。リップルに関しては毎回明るい話題が多いものの、リップルの価格上昇には繋がっていない点は少々興味深いところです。世界的には『リップル実用化の動向』、国内では『仮想通貨の規制の動向』に世間は敏感に反応しているようです。この流れはもうしばらく続きそうな気配もしますが、3月はどんなニュースに注目が集まるのでしょうか?

Close Menu