モネロ/Monero (XMR)の特徴をまとめて解説

  • 公開日:
  • 更新日:
モネロ(Monero)

モネロ/Monero(XMR)は、トランザクション内の送金する人と受け取る人、送金金額などを全て難読化して、分かりにくくした匿名性の高い通貨です。モネロとは、エスペラント語で「コイン・硬貨」を意味する言葉で、2014年4月にローンチされ、いくつかの大きな改善を経て現在に至っています。


モネロは、優れた匿名性を実現するにあたり、クリプトノート(CryptoNote)と呼ばれる匿名性の高いプロトコルを利用しています。

Bitcoinでは、トランザクションの履歴から、送金金額や送金先などの情報を、誰でも見ることができてしまいます。しかし、モネロでは、下記に示すクリプトノートの技術によってそれらを追跡不可能にしています。

■リング署名
リング署名は、取引を行う時のデータの暗号化(署名)をグループで行い、誰が暗号化(署名)したかは特定できなくするデジタル署名の一種。

■ステルスアドレス
送信者が作成したワンタイムアドレスのことで、送信者と受信者のみが取引の内容を確認することができる。

■リング機密トランザクション(RingCT)
リング署名の改良版で、トランザクションで送信された取引金額も隠すことができる。

現在開発中のKovriプロジェクトは、I2P(Invisible Internet Project)ネットワークをモネロに実装するプロジェクトのことです。I2Pとは、インターネット通信の開始点、終了点の匿名化、通信内容の暗号化によってネットワークを匿名化することです。これが、モネロに実装されれば、ネットワークを監視されても、取引者のIPアドレスなどがわかりにくくなり、さらに匿名性を高めることができるようになります。

ASICマイニングに対抗

モネロは、コンセンサスアルゴリズムにProof-of-Workを採用しています。ただし、特定のマイナーによるマイニング市場の独占を阻止するため、CPUとGPUマイニングを使用したデバイスに効率的に割り当てられるクリプトナイト(CryptoNight)というハッシュアルゴリズムを採用し、ASICマイニングを制限するように設計されています。

今年4月には、モネロに対応したASICマイニングマシンが登場したため、モネロが対抗してハードフォークしました。それと同時に4つの新しいコイン(Monero Classic、Monero-Classic、Monero Original、Monero 0)が誕生しています。さらに、MoneroVが5月にフォークして登場しています。

日本では上場廃止

日本ではコインチェック(Coincheck)で2016年9月23日より取り扱いが開始されていましたが、その匿名性があだとなり、マネーロンダリングに利用される可能性があることから、2018年6月18日に上場廃止となりました。

基本情報

ジェネシス日 2014/04/18
ブロックタイム
発行上限 なし(18,400,000発行後はマイニングにより増加)
ハッシュアルゴリズム CryptoNight
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
ホームページ https://getmonero.org/
開発/GitHub https://github.com/monero-project
コミュニティ/フォーラム https://forum.getmonero.org/
エクスプローラー https://moneroblocks.info/
取引所 Abucoins、Binance、Bitfinex、Bithash、Bithumb、Bittrex、Braziliex、BTC Trade UA、BTCAlpha、BTCSquare、BuyUcoin、CoinEx、Coinroom、CREX24、Crypto Hub、Cryptopia、EXMO、Exrates、Gate.io、Graviex、HitBTC、Huobi、Kraken、LiteBit、Livecoin、Mercatox、Novadex、OKEx、OpenLedger DEX、Poloniex、Qryptos、SouthXchange、Stocks.Exchange、Trade Satoshi、TradeOgre、Tux Exchange、Upbit、Waves Platform

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu