経済産業省、12月までのポイント還元事業の登録状況と利用状況について公表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI
経済産業省が、キャッシュレス・ポイント還元事業に関する直近の状況を公表、加盟店は約73万店に

経済産業省が、キャッシュレス・ポイント還元事業の12月までの登録状況と利用状況について公表した。

2019年12月までの加盟店登録数は約94万店、登録申請数は約97万店となる見込みで、このうち、5%還元対象の中小・小規模事業者(個店)の登録数が約84万店(約90%)、2%還元対象のフランチャイズチェーン(コンビニ以外)の登録数が約5.4万店(約5%)、コンビニの登録数が約5.0万店(約5%)となっている。

また、10月1日~11月25日までの利用状況については、決済金額は約1.9兆円となり、還元額は約780億円となった。

この還元額のうち、5%還元対象の中小・小規模事業者(個店)の還元額は約650億円(約80%)、2%還元対象のフランチャイズチェーン(コンビニ以外)の還元額は約30億円(約5%)、コンビニの還元額は約100億円(約15%)となっている。

対象決済金額に占める各決済手段の内訳は、クレジットカードが約60%、QRコードが約10%、その他電子マネー等が約30%と報告している。

参考:経済産業省

Close Menu