MetaMask(メタマスク)アップデートでUIを刷新

  • 公開日:
  • 更新日:
メタマスクUIアップデート

新しいUIのメタマスクが、今月7日にリリースされました。
Chromeの拡張機能で利用していた場合、いつものキツネアイコンがビックリマークになって、権限許可を求められます。許可すると新しいメタマスクが使えるようになります。

メタマスクアップデートにともなう権限許可

新しいUIでは前よりもシンプルになって使いやすくなっています。
今回のアップデートでは、UIの変更以外にもTrezor(ハードウェアウォレット)サポートなどのアップデートがありました。

主にUIの表示変更を紹介します。

メインメニュー

右上のアイコンをクリックします。

  • ログアウト
  • アカウントの切り替え(別のアカウントをクリックすると切り替わります)
  • アカウント作成、インポート
  • Connect Hardware Wallet
  • 設定

などのメニューがあります。
「設定」をクリックすると、「メニュー言語の変更」、「パスフレーズの表示(アカウントを復活させるための12個の単語)」、もし新UIが気に入らなければ「旧UIに切り替え」もここでできます。英語のメニューに慣れている人は、「メニュー言語の変更」で「English」を選択すると英語のメニューになります。
※「Connect Hardware Wallet」は今回追加された機能で、Trezorへ接続するためのUIです。

メタマスクアップデート新UI設定

アカウントメニュー

左側にあるメニューアイコンをクリックすると、現在選択しているアカウントの情報を見ることができます。
表示された画面の「詳細」をクリックすると、アカウントの情報が表示されます。
アカウント名の横にある鉛筆アイコンをクリックすると名前を編集できます。「ETHERSCANでアカウントを確認」するボタンもこの画面に配置変更になっています。

メタマスクアップデート新UIアカウント情報

ネットワーク変更

ネットワーク変更は、メイン画面の上で選択することができます。
メタマスクアップデート新UIネットワーク変更

自分のMetaMaskアドレス

ログイン直後の画面にあるアカウント名をクリックすると、MetaMaskのアドレスを簡単にコピーできるようになっています。これは結構便利です。
メタマスクアップデート新UIアドレスコピー

送金

送金画面も見やすくなっています。
送信先は、クリックして入力するか、三角のドロップダウンメニューから選ぶことができます。
金額も自分で入力するか、「最大」とかかれたボタンをクリックすると、現在あるETHをすべて入力してくれます。
メタマスクアップデート新UI送信

MetaMaskをタブ表示

今回、小さい画面ではなくタブを使って表示できるようになりました。
タブ表示用のボタンをクリックします。
メタマスクアップデート新UIタブへ

タブにMetaMaskが表示されます。項目は小さいときと同じです。
まだベータ版のようなのでアップデートされていきそうです。
メタマスクアップデート新UIタグ表示

MetaMaskをもっていない場合はこちら
参照:MetaMask Medium

1時間以内によく読まれた記事

Close Menu