メルカリ、メルペイ、NTTドコモが新規事業検討などを目的とした業務提携に合意

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

4日、株式会社メルカリと株式会社メルペイ、NTTドコモは、3社の顧客の更なる利便性とサービス向上、キャッシュレス推進、新規事業の検討などを目的とした業務提携に合意したことを発表した。

業務提携の概要は下記の通り。

  • 「メルカリID」と「dアカウント®」連携による顧客基盤の拡大
  • 「メルカリ」の利用でdポイントが貯まる、使える
  • スマホ決済事業の連携
  • ドコモショップと「メルカリ」の更なる連携強化の検討
  • その他、各社のアセットを活用した新規事業創出の検討

メルカリは月間利用者数が約1,450万人、メルペイは利用者数が600万人突破(2020年1月)、ドコモは7,345万を超える会員基盤があり、「メルカリID」と「dアカウント®」のIDを連携させることで国内最大級の顧客基盤の実現を目指す(2020年5月開始予定)。

消耗戦がうわさされるスマホ決済事業では、「メルペイ」ウォレットと「d払い(R)」のウォレットの電子マネー残高およびポイント残高の連携、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用を目的とし、両社の決済サービス加盟店を共通化させ、共同での営業推進を予定している(2020年初夏開始)。

今回の業務提携により国内最大規模の顧客基盤を構築し、スマホ決済領域での加盟店共通化などでポイントをシームレスに利用できる決済サービスを実現することで、利便性向上、キャッシュレスの推進、およびさまざまな事業・サービス展開を行っていく。

また、今回の提携を記念して「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」を実施している。

参考:mercari

Close Menu