2019-08-28【市況・ニュース】ビットコインは107万円1万ドルの攻防が続く、朝以降軟調か

2019-08-28【市況・ニュース】ビットコインは107万円1万ドルの攻防が続く、朝以降軟調か

8月28日(水)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<10:00>
・ビットコイン/
ビットコインは107万円の1万ドル下値での攻防を続けている。ここのところ夜間急落からの反発やもみ合いと、朝以降の日中は軟調になりやすく、相場を監視できない時間帯での下値へ切り下げる警戒感からポジション解放売りからの様子見ムードも強い。

世界情勢と景気後退懸念から追い風を指摘する声もあるが、足元ではクレイグ氏の敗訴によるBTCの資産移動により相続税など20万BTCの売り圧が起きる警告を示したり、世界各国の金融当局が相次いで示すFacebookリブラ懸念や、SECのクレイトン委員長による仮想通貨のために証券法を変えるつもりがないといった発言など、逆風も多い。

・アルトコイン/
前日に引き続き多くのアルトコインは軟調が続いている。イーサリアムクラシック(ETC)は好材料が続いていた事から、開発コミュニティ復活の上昇期待でひと月前より続伸を続けていたが、材料出尽くしとハードフォークが迫っている事から利益確定売りにより上値を重くし始めている。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き
東京株式市場、日経平均株価は寄り付き小幅続伸するも一時下げに転じる様子も見せるもみ合いとなっている。米中を中心とした世界経済の景気後退感から、積極的な売買も足踏みされ、電気機器、機械、精密機器、小売り、自動車などを中心に価格を下押ししている。

<17:00>
・ビットコイン/
ビットコインは軟調に推移し、価格が1万ドルの下値に近付くと小幅に反発する動き。106万円台から108万円の狭いレンジでの値動き。

・株式市場/
日経平均株価は小幅続伸。前日比23.34円(0.11%)高の2万479.42円で今日の取引を終えた。午前の取引で短期取引の海外ヘッジファンドを中心に買い戻しがあったが、利益確定売りと対中関税第4弾への様子見とで上値を目指す売買に乏しい結果となった。

ニュース

中国人民銀がデジタル通貨発行、アリババやテンセントなど通じ早ければ11月11日までに?【報道】 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

リップルのCEO、リップルやXRPのFUDについて反論
[再掲]:XRP価格が上がらない理由をOKExが解説

米SECのクレイトン委員長、仮想通貨に慎重な姿勢 – Bloomberg

「20万BTCの売り圧に」裁判が結審したクレイグ氏、還収したビットコインの大量売却を警告

仮想通貨を要求する新種ランサムウエア、フォートナイトのプレイヤーを標的に | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

Binance(バイナンス) レンディングサービスの第一弾が10分で即終了 | CRYPTO TIMES

イーサリアムの次期アップグレード、延期の可能性も
知ってた。というか予定通りだったことがあった?

サミットストア 9月より全店でQRコード決済導入|一部店舗では先行して導入

ブロックチェーン企業ConstellationNetwork、米国空軍(USAF)とパートナーシップを締結

Close Menu