2019-08-23【市況・ニュース】ビットコインは様子見1万ドルを挟んで軟調、イーサリアムクラシック急騰でアルトコイン反発を牽引

2019-08-23【市況・ニュース】ビットコインは様子見1万ドルを挟んで軟調、イーサリアムクラシック急騰でアルトコイン反発を牽引

8月23日(金)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<10:00>
・ビットコイン/
ビットコインは107万円を推移。昨日の下落もみ合いから軟調ながら落ち着いた値動き、今日の夜23時からのFRB議長講演を控え様子見ムードを指摘する声が強い。金融市場の混乱から以前であればBTCには追い風に捉えられそうなはずだが、混乱も行き過ぎれば双方にとって方向性の見えない迷走感が漂うばかりか。

・アルトコイン/
昨日までの下落を下落しすぎと捉えたか、主要コインを中心にわずかに自律反発を見せている。特にイーサリアムクラシック(ETC)が9月13日にハードフォークと開発コミュニティの再稼働の動きが見えている事で連日10%を超える急騰をしており、アルトコイン反発を牽引している。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き
東京株式市場、日経平均株価は寄り付き反落後に反発して取引を開始している。寄り付きで前日より50円ほど安い2万580円付近を付けたが、すぐに反発し50円ほど高い2万670円付近での取引へ移行した。昨日の米経済指標が不調に終わったことで朝方売りが先行したが、押し目の買いが入り反発した。だが、今夜23時からのFRBパウエル議長の講演を控え様子見ムードが強く、積極的な買いを入れる姿勢は限定的で利確行動が早い上値の重い動きとなっている。

<16:30>
・ビットコイン/
ビットコインは狭いレンジでもみ合いつつの横ばい、108万円台を推移している。一時出来高急増で109万円へ伸びたビットコインは、すぐに出来高伸び悩みによるピークに達し跳ね返される値動きをしている。

・株式市場/大引け
日経平均株価は小幅に続伸、前日比82.90円(0.40%)高の2万710.91円で今週の取引を終えた。米金利の継続利下げ観測が後退したことで、日米金利差の縮小幅が弱まると、輸出関連株に好感の買い支えが起きた。ただし、今夜のFRB議長講演など様子見ムードが強く積極的な買いまでは入らず上値は重いままの取引終了となった。

ニュース

CONSENSYS(コンセンシス)が暗号資産市場に関する調査を発表:ビットコインの成長を上回っているプロジェクトが12あったと報告

リクルートが米証券取引委員会(SEC)から初めてトークンセール認定を受けたブロックスタック(Blockstack)社へ出資

家庭のCO2排出削減分を取引、東電系など開始へ: 日本経済新聞

ウクライナ、原子力発電所で仮想通貨マイニング機器を押収──国家機密指定の施設でなぜ? | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

PayPay 22日から東急ストア全店で利用可能に~PayPay残高払いで10%還元

NEMブロックチェーンを使った、写真投稿型コミュニケーションサービス「nemgraph」

オーバーストックのCEOパトリック・バーン氏が辞任|政治的なコメント発表のあと
ロシア工作員とのロマンス明かした米オーバーストックCEOが辞任 – Bloomberg

「ビットコイン(BTC)ドミナンスは90%」 出来高も含めた仮想通貨市場シェアを分析企業が算出

アニメ視聴権をブロックチェーントークン化 クリエイターの新たな選択肢へ | ORICON NEWS

活用が広がるブロックチェーン領域のカオスマップを大公開!全135の企業・サービスを掲載 | Media Innovation

中国人民銀行のデジタル通貨はFacebookの仮想通貨リブラより先に出ると専門家ら予測 ~Libra効果でプロジェクトが加速。いつでも出せる状態に – 仮想通貨 Watch

2020年米大統領選挙、「仮想通貨推進派」の民主党候補 がオンライン上で支持を急拡大

NEC・IDB Lab・ビットコインアルゼンチン、ブロックチェーンの技術を活用したデジタルIDシステムの開発に関する覚書を締結 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

Close Menu