2019-08-09【市況・ニュース】ビットコインはレンジ相場に捕まったか機械的な値動き、週末は?

8月9日(金)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<10:00>
・ビットコイン/
昨夜深夜にかけて値を崩したビットコインは、121万円で再び反発し朝方に掛けて126万を回復、その後127万円の上値抵抗線へ付けたところで、やはり昨日と同じく押し返されもみ合いとなっている。

時間中に、金価格が最高値になるなどニュースもあったが米株市場の上昇などで打ち消された事と、機械的なレンジ相場が強すぎることで既に材料と受け取られなくなっている節がある。
仕手行為への警戒感やSNSを中心にユーザー間での監視が強化されている事もそれを後押ししている感がある。

・アルトコイン/
IEOの第8弾を発表したバイナンスのBNBは上昇しているが、他は徐々に値を下げる軟調が続いている。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/前場
東京株式市場、日経平均株価は寄り付き続伸。始値は前日比164.80円高の2万758.15円で取引されている。前日の米株式市場が上昇したことで海外ヘッジファンドからの先物指数に買いが先行したことと、円高はすすんでいるが、内閣府発表の4~6月の実質GDPが1.8%増と予想を上回る結果に国内でも内需株などを中心に買いが入っている。日韓対立においても日本からの第一弾に対する輸出許可が出たことや、韓国国内でも冷静な対応を求める声が高まっている事から、緊張の高まりに歯止めを見せたことで一定の安心材料になっている。

<14:00>
・ビットコイン/
朝方の値動き一段落後は横ばい、週末連休入りを控え日本時間中は上値も難しいか、午後の株式市場の閉場後の値動きに注目。土日相場は閑散と下目線で控えられジリ貧、週明け朝方に掛け上値へ向かいトライしつつ押し返される動きが続く見方が強い。

・株式市場/後場
東京株式市場、日経平均株価は小動き、前日比116円程度高い2万700円近辺で推移している。連休お盆休み入り前であり、積極的にポジションを取りに行く取引は少ない。1000円以上下落した週前半に押し目買いを入れた投資家は高値圏で利益確定売りする様子も強く、閑散した値動きとなっている。

<16:00>
・ビットコイン/
ここ数日と同じくほぼ横ばいの値動きから徐々に値を下げ、下げると反発と乱降下のもみ合いを起こす126万円前後の値動き。
週末、日本国内はお盆休みの連休入りをするため、海外取引が活況となる夜間時間帯での国内個人投資家の値動きへの影響度合いに注意が必要となる。ポジション解放への動き、取引量の変化には気を付ける必要がある。

・株式市場/大引け
東京株式市場、日経平均株価は続伸、前日比91.47円(0.44%)高の2万684.82円で連休前の取引を終えた。米中貿易から為替にまで及んだ懸念材料に一定の警戒緩和ムードーが重なった影響から、先物指数が先行、下落した株価を拾う押し目買いが買い支えた。内閣府発表のGDP速報値が1.8%増と市場予想を上待ったことで情報・通信、サービスの内需関連株を中心に値上がりを牽引した。

ニュース

世界的トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング アリーナ」ディレクターがGods Unchainedに参加

仮想通貨取引所にも進出するイートロ(eToro)は2年連続でサッカープレミアリーグの最大スポンサー

ビッグカメラグループ全店で初めてのOrigami Pay支払いが10%OFF 8月10日より開催

フォビジャパンが500円相当のXRPを抽選でプレゼント|仮想通貨FXを取引するユーザー限定アンケート

IDCの調査によると、ブロックチェーンの世界的な規模は2023年に約159億ドルになる

無料送金アプリPring(プリン)が500円もらえる「はじめてのおしはらいキャンペーン」を開催

バイナンスで流出した仮想通貨、4800BTCが資金洗浄済み=調査企業

中国の二番煎じで「QR決済」にすがる日本企業の迷走 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

GMOフィナンシャル、店頭FXは収益率が過去最高水準に、仮想通貨事業の収益も増大:MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に

仮想通貨テザー 全体発行量の約80%が318口座に集中

Close Menu