2019-08-08【市況・ニュース】ビットコインは上下抵抗線で急落急伸するレンジ相場、1万2000ドルには乗せきれず

2019-08-08【市況・ニュース】ビットコインは上下抵抗線で急落急伸するレンジ相場、1万2000ドルには乗せきれず

8月8日(木)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<9:30>
・ビットコイン/
ビットコインは上下抵抗線で急落反発し段階的に急伸するレンジ相場、127万円(1万2000ドル)を付けると急落し始め、121万円(1万1500ドル)の下値に触れると反発上昇し始める。上値に挑戦するも乗せきれない展開が続いている。昨夜24時に急落したビットコインは今朝がたにかけ再び上昇し126万円台を推移している。この後、127万円台へ進み上に抜けれるか再び下落するかが注目される。

・アルトコイン/
アルトコインは軟調、昨日KYC漏洩疑惑に揺れたバイナンスコインが下落から反発して上昇してる他、匿名通貨として資金移動に利用されているモネロが連日の下落に大幅な上昇を見せている他は、冴えない動きが続いている。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/前場
東京株式市場、日経平均株価は寄り付き前日終値を挟む小動きに始まり、その後小幅な反発へと推移している。前日比で70円ほど高い2万570円で取引されている。上値は重く、米中貿易の警戒感から様子見が強い。中国がドル元の基準値を元安ドル高へと設定すれば、中国を為替操作国とした米国の反発も必至となり、それを見極めようとする投資家の手控え感が広がっている。

<13:30>
・ビットコイン/
126万円で膠着した上値が重い値動き。1万2000ドル付近で利確のためか値が近づくと常に板へ大口の売り板が出ており頭を押さえつけられている。連日、121万円へ下落した時も下値のサポートライン付近に大量の買い板が出るが、レンジ相場を意識した機械的な取引の様相が見て取れる。値動きがもみ合い時よりも上下膠着時に危険なシグナルが出ているので注意したほうが良いと思われる。

・株式市場/後場
日経平均株価は、前日比100円程度高い2万600円台前半で推移している。

ニュース

CivicがID検証プラットフォームOnfidoとの提携を発表

ユニクロ・GU 8月8日より国内124店舗で「PayPay」導入を発表

VeChainが共同開発したワイン流通システムが第2フェーズへ|平均10%の売り上げ増加

バイナンスローンチパッド第8弾、Perlin(PERL)とは

<マザーズ>アクセルMが続伸 ブロックチェーン活用のゲーム期待で個人が買い  :日本経済新聞

仮想通貨ビットコイン上昇の黒幕? ”テザーのクジラ”関連の数字が明らかに | Cointelegraph

仮想通貨の回復始まる 各取引所も黒字化 (1/3) – ITmedia ビジネスオンライン

中国仮想通貨格付けの評価基準に不透明性の指摘 ビットコインの下位評価に疑問符

「仮想通貨間取引は非課税に」仮想通貨の二重課税問題解決で米議員が法案を提出

Close Menu