2019-08-01【市況・ニュース】ビットコインは1万ドルを回復するも、相場観は上値見えない下目線が続く

2019-08-01【市況・ニュース】ビットコインは1万ドルを回復するも、相場観は上値見えない下目線が続く

8月1日(木)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<11:30>
・ビットコイン/
ビットコインは昨夜から上昇し、1万ドルを回復、一時110万円を付け、109万円台の取引が続いている。市場の見立て通りに31日に利下げが発表されると金価格がわずかに上昇したのを受け、朝方にかけ上昇、110万円台後半で利確行動の後、1万ドルを下値の支えとして取引されている。

注目が株式市場へ集まっており、材料見通しが先細っている仮想通貨相場への出来高流入は少なく、トレンド転換を引き起こすには厳しい状況が続いている。

・アルトコイン/
ビットコインに引っ張られわずかに上昇した後、利確圧力で一段下げるビットコインと似た値動き。ただし取引自体が限定的のためビットコインと同調した値動きを張れるコインの数も少なく、多くは閑散の横ばいとなっている。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き・前引け
東京株式市場、日経平均株価は続落で始まった。昨晩のFRBの利下げ結果と今後の見通しが失望され、米株安となった事から日経平均先物が夜間取引で下げ、寄り付き一時は前日比200円ほど安い2万1300円近辺まで下げたが、円安が好感され10時を回るころには押し目買いも入り、前引けでは小幅反発の前日比4.32円(0.02%)高い2万1525.85円で午前の取引を終えている。

<15:30>
・ビットコイン/
109万円の横ばい。朝方まで上げ、その後下げた後は低商いによる膠着状態が続いている。1万ドルを節目に上値重く、下目線も下落幅が限定的でビットコイン特有のボラの高さが見られないことから、投機マネーが回らず退避している。

・株式市場/大引け
東京株式市場、日経平均株価は小幅反発、前日比19.46円(0.09%)高の2万1540.99円で今日の取引を終えた。午後の取引も見通し不透明感から様子見も強く売買も限定的となり、商い低調のまま取引を終えた、

ニュース

異なる決済サービスのQRコードを統合する「JPQR」実証実験が本日より始動

LedgerX社が全米初の現物受け渡しを含むビットコイン先物を開始

米パウエル連銀議長、リアルタイム高速決済システムの開発を本格検討「利用する技術は近いうちに決定」

国内仮想通貨取引所のGMOコインが現金2000円が当たるスマホアプリキャンペーンを開催

仮想通貨取引所コインチェックがブロックチェーンゲームのマイクリプトヒーローズとコラボキャンペーンを実施

欧州の仮想通貨保有者、5割以上は学位なし 年齢や収入なども明らかに | Cointelegraph

米上院議員:ブロックチェーンは、金融包摂を生み出すのには不十分 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

ブルーオーシャンのアフリカ仮想通貨市場に存在する2つの壁 ~2018年のICOは「サイの角の合法売買」など2件 – 仮想通貨 Watch

ソニーフィナンシャルのVC、フィンテックのBitwalaに出資──銀行と仮想通貨をつなぐドイツベンチャー | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

Close Menu