2019-07-26【市況・ニュース】ビットコインは再び1万ドル割れへ、材料不足に上値目指せず

2019-07-26【市況・ニュース】ビットコインは再び1万ドル割れへ、材料不足に上値目指せず

7月26日(金)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<9:30>
・ビットコイン/
ビットコインは再び1万ドル割れの105万円台で取り引きされている。前日朝にアルトコイン先行で買い戻しが起き、一時1万ドルを回復していたが、上値の伸び悩みが確認されると材料不足もあり徐々に値を切り下げる取引を見せていた。

・アルトコイン/
底値期待の買い戻しも一服し、利益確定売りの動き。元の軟調な値動きに戻るか注目される。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き
東京株式市場、日経平均株価は反落、下げ幅は一時100円を超えた。昨夜の米株安を受け売りが先行、週末と決算本格化を控え、前日まで続伸し2万1755円をつけていたこともあり利益確定売りに圧された下落となっている。

<11:30>
・ビットコイン/
ビットコインは引き続き105万円台を横ばいに推移、国内取引は薄い状況が続いている。

・株式市場/前引き
日経平均株価は反落。午前の終値は前日比109.26円(0.5%)安の2万1647.29円。

<14:00>
・ビットコイン/
ビットコインは引き続き105万円台を横ばいに推移している。値幅は105.0万円~105.99万円のちょうど1万円幅で値動きしている。

<15:30>

・株式市場/大引け
日経平均株価は4日ぶり反落、前日比98.40円(0.45%)安の2万1658.15円で今週の取引を終えた。取引中下げ幅は一時150円を超えた。

<17:30>
・ビットコイン/
ビットコインは106万円台にのせ、連日同様にもみ合いながら1万ドル近辺へ迫る上値を試す上昇を見せている。

・アルトコイン/
ビットコインと同様に小幅な上昇の値動き。

※チャート:BTC (bitFlyer)

ニュース

米オーバーストックの仮想通貨部門tZEROがスマホアプリのアンドロイド版発売|通貨の購入、販売、保管が可能

Huobiがタイで5番目となるデジタル資産取り扱いライセンスを取得

国民生活センターが仮想通貨のマルチ商法に注意喚起、SNSで勧誘など若者からの相談増加

仮想通貨TRON創業者ジャスティン・サン氏 出国制限のリスト入りと現地紙が報道~氏が代表を務める企業がコンプライアンス違反

米投資家の3分の1以上がビットコインに関心|資産運用会社グレースケールが調査発表

迫る金融デジタル化への波|金融庁がG7財務相・中央銀行総裁会議の総括を発表

フィスコ運営のZaif、仮想通貨取引のレバレッジ倍率上限を25倍から自主規制内の4倍へ

米SEC、ゲーム系のイーサリアム基盤ICOセールを「未登録・有価証券」認定はせず

闇サイトで対象名指しか 30億円の仮想通貨流出 | 共同通信 ニュース | 沖縄タイムス+プラス

トロン創業者のジャスティン・サン、「バフェット・ランチ」の過剰宣伝で謝罪 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

デジガレ、MITの宇宙研究プロジェクトに参画  :日本経済新聞

ザッカーバーグ氏「どれだけの時間がかかっても」──FBリブラへの規制当局の賛同を得るために | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

LINEが手掛けるDApps「4CAST」8月末でサービス終了 | CRYPTO TIMES

コインチェック運営のマネックス、フェイスブック主導の仮想通貨「リブラ協会」に参加申請
マネックス、リブラ協会への加盟を申請中──VISA、ウーバー、eBayなどに次ぐ29社目になるか | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

コインチェックがグループ参入後初の黒字化を達成。営業利益1億4200万円を計上 ~マネックスGが2020年3月期第1四半期決算短信を発表 – 仮想通貨 Watch

Close Menu