2019-07-24【市況・ニュース】ビットコインは1万ドル割れの105万円で推移、下値拾う動きは限定的

7月24日(水)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<9:40>
・ビットコイン/
ビットコインは1万ドル割れの105万円で推移、下値拾う動きは限定的で、昨夜下げた104万円のサポートを節目する動きが目立っている。
昨夜20時頃まで1万ドルを割り込み106万円まで下げた後、その後24日未明まで反転上昇し110万円まで回復したが早朝6時ごろより価格大きく下げ1万ドルを割って104万円まで価格を上げた。

・アルトコイン/
ビットコインに下目線のみ同調する軟調な値動き。24時間の値動きではほぼ全面安で推移している。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き
東京株式市場、日経平均株価は寄り付き続伸、一時は上げ幅100円高の2万1700円付近で取引を開始している。昨晩も引き続き、米中貿易交渉進展期待による米株高を受け投資家心理が改善している。

<15:30>
・ビットコイン/
105万円を推移、昼過ぎに一時103万まで値を下げたが、その後持ち直すレンジ相場。軟調、下値への警戒感が強い状況が続いている。

・株式市場/大引け
前日比88.69円(0.41%)高の2万1709.57円で7月5日以来およそ3週ぶりの高値水準で今日の取引を終えた。米中貿易交渉の進展期待に円安ドル高とハイテク関連株や自動車を中心に買われたが内需株の売りも目立ち上値の重荷となった。

ニュース

フェイスブックのリブラ、金融関係者の47.8%は将来法定通貨に代わる存在になると思うと回答
[参考]:リブラ、市場は肯定的評価 反対4%にとどまる QUICK調査  :日本経済新聞

FB主導リブラ加盟は「規制次第」 ビザCEO  :日本経済新聞

スギちゃん広告塔の仮想通貨が「換金できない」トラブル | Smart FLASH[光文社週刊誌]

過疎地域交通網のISOU PROJECT、オラクルのBaaSを採用 ~地域通貨の管理基盤として他サービスとの相互運用性を評価 – 仮想通貨 Watch

フィンテックで覇権握るアメリカ企業はどこか | 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「バフェット氏と昼食」を延期、落札の仮想通貨創設者 – ロイター
仮想通貨TRON創業者、中国からの出国禁止疑惑を否定

ブロックチェーン技術を用いた電力取引で、消費者が電力融通しあう地産地消の未来 ~P2P電力取引プラットフォームを開発するデジタルグリッド阿部力也氏に聞く – 仮想通貨 Watch

アルプスアルパインとフリービット、CASEやMaaSの事業領域で包括的提携 – Car Watch

米上院委員会にて再び仮想通貨とブロックチェーンに関する公聴会|サークル社のジェレミー・アレール氏が出席

野村ホールディングスが仮想通貨決済OmiseGoなど展開するOmiseに出資、出資額は非公開

【国産dApps】日本発ブロックチェーンゲームまとめ【リリースからサービス終了まで】 | ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info

仮想通貨とブロックチェーン技術についての番組をマトリックスのモーフィアスで有名なローレンス・フィッシュバーン氏が司会

Close Menu