2019-07-22【市況・ニュース】週末一時上がったビットコインはもみ合い114万円、方向性乏しい状況が続く

2019-07-22【市況・ニュース】週末一時上がったビットコインはもみ合い114万円、方向性乏しい状況が続く

7月22日(月)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<10:30>
・ビットコイン/
ビットコインは114万円(1万600ドル)を推移している。週末一時急騰し1万1000ドルをタッチしたがそこで跳ね返され、現在の価格でのもみ合いに落ち着いている。今朝がたまで上昇ラインを見せているが、急騰前水準へ回帰しただけとも言え、上昇タイミングと下値を探る方向性の見えない展開が続いている。

・アルトコイン/
ビットコインに同調した値動きが続く。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き
東京株式市場、日経平均株価は寄り付きは反落、一時は下げ幅100円安の2万1300円台で取引を開始している。
その後、外国為替市場で一時108円台の円安/ドル高傾向へ振れたことで、2万1400円台のやや値を戻す下げ渋りを見せている。
選挙の影響はほぼ事前の予想通りの展開となった事で、影響は見られない。

<15:30>
・ビットコイン/
113万円~115万円でのレンジ相場、取引の出来高・流動性乏しくポジション取りも見られず、夕方以降の北米取引時間以降まで様子見ムードか。

・アルトコイン/
ビットコインドミナンスが高まり、イーサリアムは軟調と、ビットコイン一人勝ちと言われる状況だが、底値を探る動きは見られる。
ビットコインの方向性が乏しい中で、ある程度の売買も見られている。

・株式市場/大引け
東証株式市場、日経平均株価は反落、50.20円(0.23%)安の2万1416.79円で取引を終えた。米国株安・アジア株安の他、イラン・香港と政治情勢が不安視され売りがかさんだ。円安ドル高へ振れたことで下げ渋りを見せたが値動きは重く終始低商いとなった。

ニュース

ビットポイントから消えた仮想通貨を追跡した開発者──28億円相当は1つのアドレスに送金されたか | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン
[関連]:BUIDL、仮想通貨交換業者向けマネロン対策ツール「SHIEDL」を正式ローンチ ~BTC・ETH・XRP・BCH・ETC・LTC・MONAの主要7通貨に対応 – 仮想通貨 Watch

マネーロンダリングではビットコインは法定通貨よりも使われてはいない ~MESSARI

藤巻氏は落選、参議院議員選挙、惜しくも数百票届かず

7月26日にCMEのビットコイン先物決済

Bakktの正式ローンチ、今四半期中に予定か|22日のビットコイン先物テストに続く見込み

国際通貨研究所、ビットコイン価格上昇で再燃する「消費電力問題」レポートを発表

バイナンスマージン取引の提供禁止国から日本とカナダが削除|利用解禁か | NEXTMONEY|仮想通貨メディア

バイナンスの仮想通貨証拠金取引、日本人の利用を解禁か

2019年第2四半期のIEOパフォーマンスが550%を超える | NEXTMONEY|仮想通貨メディア

アップル共同創業者のウォズニアック氏、マルタでエネルギー関連のブロックチェーン企業を創業 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

仮想通貨取引所BitMEXの疑惑とは|CFTCの調査後、入金額が出金額を上回る | NEXTMONEY|仮想通貨メディア

米消費者保護団体、リブラ協会加盟企業に離脱を要請 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

韓国の仮想通貨による経済損失、2年間で2460億円|韓国法務省が算出 | Cointelegraph

100以上の企業を脅かしたランサムウェアが中国に侵入──ビットコインで身代金を要求 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

仮想通貨イーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏、支援先企業に訴えられる | Cointelegraph

ALIS、慶応大・坂井教授と自立分散型コミュニティの共同研究を開始 ~企業・団体向けのブロックチェーン証明書発行サービスの提供開始も – 仮想通貨 Watch

Close Menu