2019-07-19【市況・ニュース】ビットコインは114万円、夜に米財務長官・G7声明に反落・急反発の動き

2019-07-19【市況・ニュース】ビットコインは114万円、夜に米財務長官・G7声明に反落・急反発の動き

7月19日(金)

<< 前の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<9:30>
・ビットコイン/
ビットコインは114万円(1万600ドル)を推移している。昨夜の20時から21時に、米財務長官から「ビットコインをスイス口座のような匿名口座にはさせない」、G7議長から「リブラに最高水準の規制を」という総括の声明が発表されると、100万円のサポートラインまで急落した。ただし直後には、目下の悪材料出尽くしと前日の急落同様のサポートラインを維持したことで下値は底堅いと見た自律反発から値を114万まで前日比+10%の急回復をさせている。

・アルトコイン/
ビットコインに同調して、21時ごろより値を下げていたが、同様に急反発し、+3~7%で推移しており、アルトドレインのような出来高がビットコインへ流れるといったことは起きていない。今後、ビットコインの値動きに合わせ循環物色が起きるかには注目が集まる。

※仮想通貨レート (Yahoo仮想通貨)

※チャート:BTC (bitFlyer/CMC)

・株式市場/寄り付き
東京株式市場の日経平均株価は反発。始値は前日比で100.26円高の2万1146.50円。前日422.94円の大幅安であったこともあり、自律反発狙いの買いが先行、昨日大きく下げた半導体や電気機器などに買戻しが入っている。

<11:30>
・株式市場/前引け
東京株式市場、日経平均株価は前日比347.99円(1.65%)高の2万1394.23円で午前の取引を終えた。

<15:30>
・株式市場/大引け
東京株式市場、日経平均株価は4日ぶり反発し前日比420.75円(2.00%)高の2万1466.99円で今週の取引を終えた。前日米国株がわずかに株高へ反発したのと、アジア市場・中国市場が堅調に推移した事も受け、続落からの自律反発で大幅高となった。

<17:30>
・ビットコイン/
113万円~116万円の1万500ドルを下値にもみ合いの動き。弱気相場に公聴会やG7でのリブラへの集中砲火と悪材料が続き、今度は材料出尽くしで元の材料不足へと戻っているが、そのため方向性の無い相場となっている。総じて国内取引は低商いで、証拠金取引の主戦場である海外取引所や直近の相場変動の軸となった北米取引が活発化する夕方以降の取引に注目が集まる。

・アルトコイン/
ビットコインと同様に、多くは横ばいの動き。

ニュース

ジャスティン・サン氏がウォーレン・バフェット氏とのランチにサークル社のジェレミー・アレール氏を招待

Decentraland 将来に向けたロードマップを公開~9月には賞金総額275万ドル以上の開発コンテスト開催

リブラ「最高水準の規制対応を」 G7で議長総括  :日本経済新聞
過去に流出事件多発 仮想通貨、脆弱性の懸念ぬぐえず G7(1/2ページ) – 産経ニュース
[参考]:議長総括:7か国財務大臣・中央銀行総裁会議(仮訳)(2019年7月17日~18日 於:フランス・シャンティイ) : 財務省
ステーブルコインは金融規制を最高水準で満たす必要がある

物質の検査にダイヤモンドダストを利用するDust Identityにエアバスやロッキードも投資 | TechCrunch Japan

仮想通貨ビットコイン、新たな安値をつけない理由とは?マイナーの動きから予測 | Cointelegraph

ビジネスとブロックチェーンの関係 AWSジャパンに聞く (1/3) – ITmedia NEWS

インドが仮想通貨禁止の法案提出か?市場に大きな影響の可能性 | CoinChoice

6割が週に1回以上キャッシュレス決済を利用|カード大手JCBがアンケート調査

最大5%のポイント還元|10月から開始されるキャッシュレス・消費者還元制度とは

【社説】仮想通貨リブラは米貧困層を救うか – WSJ

取引所バイナンス、意図せず仮想通貨ステラ(XLM)のステーキング報酬を獲得|サポートを発表 | NEXTMONEY|仮想通貨メディア

複数の覆面男、英国の仮想通貨ビットコイン取引所を襲撃 | Cointelegraph

Close Menu