2019-07-02【市況・ニュース】ビットコイン続落、一時1万ドル抵抗線に耐える値動き

2019-07-02【市況・ニュース】ビットコイン続落、一時1万ドル抵抗線に耐える値動き

7月2日(火)

<< 前日の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<9:30>
・ビットコイン/
ビットコインは113万円(1万500ドル)で続落、昨夜21時頃よりビットコインは徐々に下げ幅を拡大急落する動きを見せ、朝方4時半ごろには一時1万ドル抵抗線に耐える値動きも見せた。
現在は若干反発を見せるも1万1000ドル(118万円)を回復していない。

・アルトコイン/
ビットコインの値下がりに同調し全面安、下値探る動き。ビットコインからの物色転換も起きず、アルトコインからビットコイン急騰時に流入した資金の戻りも少ない出来高低調な状況が続く。一部直近の急落幅が大きかったコインに買い戻しの反発が見られるにとどまっている。

・株式市場/
東京株式市場は、前日のアジア・米株高を支えにもみ合い。始値2万1699.43円、高値2万1764.62円、安値2万1697.31円の前日終値2万1729.97円を挟んでの一進一退の値動き。
G20で米中貿易摩擦に対し安心材料が出たが、米国がEUへの追加関税のリストを公表した事や、日本でも韓国への半導体部材の輸出規制により値を下げる動きも見せている。各国の対立姿勢があらわに。

7月2日ビットコインチャート

<13:30>
・ビットコイン/
ビットコイン、1万ドル下回る。106万円(9830ドル:108.34円/1ドル)海外では一時9760ドルのシーンも。1億テザーが発行されテザー価格の1ドルのペッグにも影響か。ビットコイン価格操作に警戒感。

・為替
1ドル=108.34~40円で円安ドル高へ推移。
1ドル=6.86元で 元高ドル安へ推移

<15:30>
・株式市場/
東京株式市場、日経平均株価は大引け小幅続伸、2万1754.27円+24.30円(+0.11%)で取引を終えた。米中貿易交渉の再開合意や米株高が支えたが、早朝に米国からEUへの追加関税リストが発表された他、総じてアジア市場も相場が軟調に推移したことで上値は重く、前日の上昇分の利益確定売りも一時目立った。

<17:30>
・ビットコイン/
昼に1万ドルを割ったのち、一進一退を繰り返し、現在はわずかに反発、1万ドルを回復し徐々に買い優勢の気配。

ニュース

ビットフライヤー、7月3日に新規口座開設の再開を予定。
※ビットフライヤーの再開によって、国内の仮想通貨交換業者全社で再開となる。

仮想通貨取引所バイナンスが先物取引を開始|レバレッジは20倍か

Huobi(フォビ)が分散型金融(DeFi)サービス提供に向けパブリックブロックチェーン開発の準備を発表

ErisXは商品先物取引委員会(CFTC)からデリバティブ清算機関(DCO)として認可

Nasdaqが出資するErisX、年内の「仮想通貨現物決済先物」提供へ|清算機関ライセンスを取得

フェイスブック子会社のCalibraはビットライセンスに申請、FinCENへの登録も|金融庁への登録予定はなし

LINEがLINE Token Economyで提供しているdAppsのひとつ「Wizball」が9月末でサービス終了

前代未聞の奇祭 メディアアート市原えつこが「仮想通貨奉納祭」のためクラウドファンディング実施

電力各社によるブロックチェーン活用が進む – The Nodist

米議員、テロリストのフェイスブック仮想通貨悪用を懸念 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

自称ビットコイン生みの親 クレイグ・ライト氏 BTC着服嫌疑晴らせず 110万BTCは何処に? | CRYPTO TIMES

金融庁、フェイスブックのLibraは「暗号資産にあたらない可能性が高い」 | CRYPTO TIMES

Close Menu