2019-06-26【市況・ニュース】ビットコインは早朝急伸し1万2000ドル(128万円)にのせ高値更新中

2019-06-26【市況・ニュース】ビットコインは1万2000ドル(128万円)にのせ高値更新中

6月26日(水)

<< 前日の【市況・ニュースへ】へ

マーケット

<9:30>
・ビットコイン/
ビットコインは朝方6時ごろより114万円の前日水準から急伸、1万2000ドル(128万円)に乗せ年初来高値を更新し、高値を維持できるか上値を試す動き。
ビットコインの24時間取引辺りの出来高が前日比で20%近い増加傾向にあり、アルトコインの資金が流入するアルトドレインなど取引急増による活況が見られる。
背景に、金価格上昇や株式市場側での動き、FacebookのLibraによる国際社会への仮想通貨に対する注目が盛り上がっている事など、米商品先物取引委員会(CFTC)がLedgerX社のビットコイン先物取引を認可したことでBakktに先行してCFTCによる現物監視される現物ビットコイン先物の可能性が持ち上がったことなどが好感されている。
G20やFATFガイダンスなども含め、タイミング的に話題性の波がリンクした影響が強い出来高を生んでいる。

・アルトコイン/
明暗に分かれか、イーサリアムなど高値に引っ張られるコインと、ビットコインなど堅調なコインに出来高を吸われ取引を手仕舞いにされるコインに分かれ、物色の動き。

・株式市場/
26日の前場寄り付き、東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比120円安の2万1000円台半ばから開始。
米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ期待が後退し、米株安の影響で海外勢中心に先物に売りが出た影響か。昨晩のNYダウは179.32ドル安(-0.67%)の26,548.22ドル。
人民元/対ドルが前日比で元安傾向へ進む。

<13:00>
・ビットコイン/
ビットコインは昼ごろより再度急伸を見せ135万円の最高値を再び更新。
出来高に4月5月のビットコイン急伸時と同等の取引量の積み上がり。
人民元/対ドルが前日比で元安傾向へ進んでいることと、香港デモの原因である逃亡犯条例を懸念し、富裕層を中心に海外へ資産逃避が進む観測が出回っている事なども要因か。

<15:30>
・ビットコイン/
ビットコインは139万円後半(1万3000ドル)の最高値付近後に跳ね返され、135万円付近での取引。再び1万3000ドルへ乗せる上値を探る展開が続いている。

・株式市場/
東京株式市場、後場大引け、日経平均は続落の前日比107円22銭(0.51%)安の2万1086円59銭。2万1000円の下値は辛うじて踏みとどまるも終始低調な商い。
アジア株・中国株式市場は続落、香港ハンセン指数のみ不動産株買いによる小幅反発も、米中合意遠いことから重し。
EU・欧州市場は寄り付き小幅反落

<18:00>
・ビットコイン/
ビットコインは139万円後半(1万3000ドル)の最高値付近後に跳ね返された後、135万円付近での取引が続き、もみ合いながらの横ばいの展開。Bitfinexがメンテナンスに入り、加熱一服感から監視・様子見の攻防が強い。出来高も横ばいに推移。

ニュース

韓国仮想通貨取引所Korbitや欧州ビットスタンプの株式を保有するネットゲーム老舗ネクソンの親会社NXC 創業者による株式売却が中止に

国内の取り扱いコイン増加へ、新規販売するIEOも実現間近か|JVCEA協会が規則を発表し意見募集

TRON財団、2,000万ドル相当の仮想通貨TRX買い戻し計画を発表|史上最大のトークン買い戻し
いわゆる自社株買いの感覚と思われるが、株式とは違うと「マッチポンプ」「価格操作」との批判の声も。

オウケイウェイヴのAIを活用した感謝と健康に関する共同研究を実施
オンライン上での“感謝”にまつわる行動と、医療・健康データをAI分析

米仮想通貨取引所クラーケンが14億円調達完了 2200人以上の投資家が参加

1年半ぶりにビットコイン価格が12,000ドル(約130万円)に到達!2017年バブル時は1万ドル突破から約18日間で2万ドルに

米商品先物取引委員会(CFTC)がLedgerX社のビットコイン先物取引を認可

ビットコイン(BTC)高値更新でドミナンス60%超、過去最大規模のCME先物SQに警戒感も|仮想通貨市況

2019.6.26【ビットコイン、125万円到達。今後、どうなるの?】

F1® Delta Time 3回目のNFTオークションに出品されるF1カー「France Edition 2019」を発表

デロイトトーマツブロックチェーン調査2019、ブロックチェーンへの意識が変わりつつある

Close Menu