メイカー/Maker(MKR)の特徴をまとめて解説

ステーブルコインの存在感が増す中、分散型のステーブルコインとしての地位を確立しているMakerとそこから発行されるステーブルコインDai(DAI)について特徴をまとめます。


 

ステーブルコインは中央集権型が主流

現在ステーブルコインとして主流になっているもののほとんどは中央発行者が存在するコインです。もともとはテザーが有名でしたが、現在はGeminiコインや、TrueUSD、USDCなど各団体が発行しており、大手取引所でも上場しているので身近なステーブルコインの種類が増えてきました。

これらコインの共通する特徴として一番重要なことは発行団体が存在し、その発行者がUSドルを預かり同じ価値があることを証明してくれているということです。

ブロックチェーンはもともと分散型であることが特徴の一つですが、法定通貨とのペッグコインを発行する上ではまだまだ信頼できる中央団体が存在することが現状は主流となっています。

 

分散型のステーブルコインとは

この現実にテクノロジーとアイディアを使って真っ向から勝負しているのが中央発行者を排除した分散型ステーブルコインを発行するMakerです。Makerはイーサリアム上のスマートコントラクトで構成され、だれでもステーブルコインDai(DAI)を発行することが出来ます。

 

ただそう言われてもあまりピンときません。どうやって価値を担保するのでしょうか?

中央管理者がいないステーブルコインを維持するためには複雑な仕組みがいくつも実装され成り立っています。仕組みを知ると人気の秘訣が分かります。その仕組みを順を追って見ていきましょう。

 

担保制度 Collateralized Debt Position

MakerではCollateralized Debt Position(担保付の債務制度)と呼ばれている制度を採用しています。要するに土地を担保に現金を借りることを想像するとわかりやすいかと思います。

発行者が存在するステーブルコインでは通常1ドルを実際に預かることで1コインを発行します。団体が担保となるドルを管理することで、そのコインの価値が維持できます。

それでは分散型のスマートコントラクトだけでどのようにステーブルコインの価値を維持するのでしょうか?

スマートコントラクト上でステーブルコインの発行に見合ったイーサリアムを預かることでそのDAIの発行を担保しています。

DAIを発行したい希望者はイーサリアムを預けます。それに見合ったDAIが発行でき、預けたイーサリアムはDAIを返却するまで移動することはできません。そのイーサリアム資産をスマートコントラクト上で裏付けることでDAI発行に信頼を得ています。

 

担保は少し多めに預ける必要がある

担保制度は分かりましたが、ここで疑問が出てくるのはそのイーサリアム(例:土地)の価値が変動してしまうと破綻するのではないかということです。預かったイーサの価値が減ってしまうと、ステーブルコインDAIが意味のないものになってしまいます。

Makerでは担保とするイーサリアムは最低1.5倍以上の価値を預けることが義務付けられています。1万円分のDAIを発行したければ、1万5000円以上のイーサリアムを必ず預けておく必要があるということです。これは価格変動に対応するための余裕を持った担保制度と言えます。

変動に対応する精算システム

それからもう一つ価格変動に関する精算システムがMakerには備わっています。どういうことかというと以下の2パターンの例で見ていきましょう。

<担保(ETH)価値が上がる場合>
イーサリアムの価値が上がる場合は大きな問題は発生しません。DAI発行の信頼性がより強固になるだけです。

<担保(ETH)価値が下がる場合>
これが非常に問題です。なぜならば1万円と同じ価値を持つDAIの担保(イーサリアムの価値)が1万円よりも下がってしまうからです。ここで重要な仕組み、精算システムの登場です。

–実際の清算例–
分かりやすく1万円のDAI発行を例に挙げます。スマートコントラクト上でロックされているイーサリアムの価値が1万5千円を少しでも下回わり1万4000円の価値となった場合、強制的にイーサリアムを没収し清算します。

まず市場に出回っている1万円分のDAIを、預かっていたイーサリアムで購入します。これで発行した1万円分のDAIは市場を通じて回収されたことになり、DAIの信頼性への影響はなくなりました。

残った4000円分のイーサリアムですが、担保を下回ってしまった罰金として13%、1300円が科せられ2700円となります。さらに清算手数料としてMakerも支払わなければなりません。これらの精算がすべて終わった残りのイーサリアムが1万円分のDAI所有者のもとに戻ります。

担保を維持できなかったDAI発行者の手元には、1万円分のDAIと約2700円分のイーサリアムが返ってきましたが、合計で計算するとかなり損をしてしまいました。ですがこの強制清算の仕組みがあることで、担保価値が減ってもMaker全体で1万円=1万DAIという信用を維持しているのです。

※説明例は円として書きましたが、実際はドルです。

この一連の精算システムは分散型のUSドルに固定したステーブルコインを発行する上で核となる仕組みです。この仕組みが実際に分散型で運用されていること、これがMakerとDAIが破綻することなく運用でき支持されている理由です。

 

他にも多々ある重要な仕組み

分散型ステーブルコインDAIは約1.5倍以上のイーサリアムが担保として常に確保されているステーブルコインだということが分かりましたが、核となる仕組みはこれだけではありません。

PETH
担保としたイーサリアムの代わりに使うトークン

Target Rate Feedback Mechanism
1ドル=1DAIが取引市場で乖離し始めた場合に役立つ仕組み

Global Settlement
緊急時にプロジェクト自体を停止できる仕組み。投票によって巻き戻しなどが出来るよう設計されている

紹介しているのは機能の一部で中央管理団体が不在でも運用できるよう画期的な仕組みが実装されています。また担保はEthereumだけではなく他通貨も検討されています。

 

ICOではなくベンチャーキャピタルから資金集め

優秀なプロジェクトほどベンチャーキャピタルなどからの投資を受けやすく、トークンは一般販売されません。2014年に立ち上がったMakerも大手投資会社からの10億円以上の出資を受けICOとして販売されていません。

さらに2018年9月、仮想通貨関連の投資を行っているベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzが約17億円の追加投資を行っており、プロジェクトとしての注目度を物語っています。

MakerDAO公式ブログより

 

基本情報

正式名 Maker (MKR)、Dai (DAI)
発行日 2017年11月
発行上限 1,000,000 MKR
ホームページ https://makerdao.com/
ホワイトペーパー https://makerdao.com/whitepaper
ソースコード https://github.com/makerdao
取引所 OKEx、Ethfinex、KyberNetwork、Bibox、HitBTC、Kucoin、、、、
Close Menu