ライトコイン、関心が高まりつつあると現状を報告

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

Litecoin(ライトコイン)は、今月26日にブログで近況を報告しました。

その中で、今年初めは横ばいだったが、5月始めの時点でBitInfoChartsが提供するデータによると「関心が高まりつつある」と述べています。

その理由の一つは、5月16日に1日で16億ドルも送金され、それ以降、1億7000万ドルから5億ドルで推移しているとしています。

また、平均トランザクションバリュー(平均送金手数料)が7,000ドルから20,000ドルに増えており、

これは個人の富裕層が、従来の方法ではかかってしまう送金手数料をさけるために利用しているか、もしくは投機的な動きがあるため

とし、「悪いことではないが、毎日の少ない支払いのために利用してもらう目的からははずれている」と述べています。

また、アクティブアドレスは80,000を超えたが、誰でも多数のアドレスを発行できるため、これは必ずしもネットワーク参加者の増加を示しているわけではないとしています。

そして、1日のトランザクション数に関しては、20,000から27,000に増加しており、これに関しては内在的な使用が増えてきているとして、2017年後半のネットワーク活動レベルにはまだ及ばないが、プラットフォームへの関心が表れている初期の兆候との見方を示しています。

現状については、「成長は前向きだが、現状は持続可能ではなく、後退する可能性がある」と分析しています。ライトコインは、5月前半にはTravala.comとのパートナーシップを発表し、GLORY65といった格闘技イベントでのスポンサーにより知名度の向上を図っていました。

ライトコインは、約69日後に半減期を迎え、マイニング報酬が半分になります。CoinGeckoでは半減期までのカウントダウン日数を確認できます。

>>>ライトコインの半減期までのカウントダウン

参考:litecoin.com

Close Menu