Liquid by Quoineがテレグラムオープンネットワーク(TON)のトークンGramを7月10日から独占販売

仮想通貨取引所のLiquid by Quoineが、メッセージアプリ大手のテレグラム(Telegram)が開発しているテレグラムオープンネットワーク(Telegram Open Network/TON)のネイティブトークンであるGramの独占販売を行うことを発表した。

Gramトークンは取引所Liquid.comのアカウントを持つユーザーに7月10日8時(UTC)から独占販売が行われる。販売されるのはLiquidのグローバル版で、日本国内ではGramトークンの取り扱いが認められていないことから国内版Liquidでは販売されない。また米国を始め複数の国でも規制上の問題から販売は行われない。

2億6000万人というユーザーを抱えるテレグラムは、同アプリ上で使えるブロックチェーン技術を用いた決済システムであるテレグラムオープンネットワーク(Telegram Open Network/TON)を開発するため、2018年に限られた投資家のみにプライベートICOが行われ、合計17億ドル(約1880億円)の資金調達を行った。

今回のGramトークンセールは、アジア最大のGramトークン保持機関であるGram Asiaから提供され、一般投資家に販売されるのは今回が初めてとなる。以前からテレグラムの独自トークンについては注目も高く、今回は一般販売を独占することからLiquid.comは特設サイトも用意している。

Liquid特設サイト

 

今回の販売に関して以下のように述べている。

LiquidのCEO、栢森加里矢氏
Gram Asiaと提携しGramトークンセールを行えることを嬉しく思います。これはTelegramユーザーである私たちのコミュニティにとって素晴らしいニュースです。私たちは、仮想通貨の普及を進めるために、より安全でオープンな通貨システムのビジョンを共有しています。テレグラムオープンネットワークは、テレグラム既存ユーザーに使いやすいウォレットを提供することで、個人同士が通貨をやり取りできるネットワークとして、テレグラムをさらに機能強化するでしょう。

Gram AsiaのCEO、Dongbeom Kim氏
Gramトークンセールは、分散型であるTONブロックチェーン技術を用いたオープンネットワークへの第一歩です。アジアのグラム最大保有者として参加するグラムアジアとして、個人投資家がTONシステムに参加する機会をもたらすことができ嬉しく思います。日本の金融庁が取引所としてLiquidを認可した時、Liquidはユーザーを保護するための強力なガバナンス能力があることを実証しました。私は、Liquidがこの歴史的なトークンセールを開始するための適切なパートナーであると確信しています。私たちは、テレグラムユーザーへネットワークを構築できること、そしてテレグラムの可能性を信じるユーザーへ提供できることを嬉しく思います。

Gramトークンセール概要

開始日:2019年7月10日、UTC午前8時
受け入れ通貨:USDC、USD
トークン配布日:2019年10月31日(予定)

Gramトークン購入方法
1.Liquidに会員登録し、本人確認資料提出
2.Gram購入用のUSDCまたはUSドルを入金
3.7月10日から始まる販売ページで購入

Gramトークン紹介キャンペーン
Gramトークンを紹介し100ドル相当以上Gramトークンを購入した場合、Gramトークンがもらえるキャンペーンも開催している。

テレグラムオープンネットワーク(Telegram Open Network/TON)とは
2億6000万人が使うメッセージアプリと、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨機能を組み合わせたプロジェクト。アプリ同様使いやすいウォレットや、大規模トランザクションを処理する高速処理が特徴となっている。2019年10月31日までにメインネットのリリースが予定されている。

参考:Press Release/Liquid.com to exclusively offer Telegram Open Network token, Gram, via Public Token Sale

参考:Gramトークンセールサイト https://www.liquid.com/gram/

Close Menu