LINE Pay(ラインペイ)、始めた後におさえておきたい3つの攻略ポイント

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI
「マイカラー」は、2020年5月1日(金)9:59をもって終了し、2020年5月1日(金)10:00より、「LINEポイントクラブ」に変更になります。
LINE Payがはじめる新しいランク制度「LINEポイントクラブ」とは?何がお得なのか?

新しいペイアプリがたくさん出ていますが、できるだけ追加したくない人におすすめなのが、LINE(ライン)についているスマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」です。

LINE Payの部分だけを切り出したミニアプリもリリースされていますが、インストールしなくても、いつも使っているLINEアプリだけで簡単に始められます。

始めた後に「どうすればお得に利用できるのか」、3つの攻略ポイント「マイカラープログラム」、「クーポン」、「LINEポイント」を紹介します。

マイカラープログラムとは?

「マイカラープログラム」は、LINE Payを利用するたびに、「現在のバッジカラーに応じて、支払い金額の0.5~2%のLINEポイントが付与される」プログラムのことです。

バッジカラーは、月々の利用実績によってかわり、付与率は下記のようになっています。

・「グリーン:2%」、利用実績が「支払い金額:10万円以上/月」
・「ブルー:1%」、利用実績が「支払い金額:5万円~9万9,999円/月」
・「レッド:0.8%」、利用実績が「支払い金額:1万円~4万9,999円/月」
・「ホワイト:0.5%」、利用実績が「支払い金額:0円~9,999円/月」

グリーンの2%付与を獲得するためにはLINE Payを10万以上利用する必要があり、かなり難しいです。

しかし、利用実績に関係なく上位のバッジカラーを獲得できる方法があります。

それは「LINE Score(ラインスコア)」です。

「LINE Score」とマイカラープログラムは連動しているので、「LINE Score」の行うスコア診断で一定以上の数値が算出されれば、LINE Payの利用実績にかかわらず、上位のバッジカラーのインセンティブを受けることができます。
※必ず上がるというわけではありません。スコアが625以下だとランクアップ適用外です。

出典:LINE Score(LINEスコアによるバッチカラーインセンティブ)
「LINEスコア」は、AIがライフスタイル情報とLINEサービスの利用状況をもとに100~1,000点のスコアを算出するサービスで、スコアによって、バッジカラーが変わります。
・グリーン(スコア726~1,000)
・ブルー(スコア626~725)

スコアによるバッチカラーの判定は、毎月1日に更新されるスコアを基準に、当日午前10時判定します。

スコア数値は固定ではなく、利用状況やライフスタイルに関する質問に答えると変動し、上がることもあれば下がることもあります。

少しでもお得に利用したい場合は、試してみるとよいかもしれません。

参考:マイカラーについてLINEスコアについて

LINEクーポンとLINE Payクーポン

LINEには、LINEクーポンとLINE Payクーポンがあります。

「LINEクーポン」は、LINE Payを利用していない人でも利用できるクーポンです。
・LINEクーポンを提示してから、LINE Payで支払うこともできます(LINE Pay対象のお店の場合)。
・LINE Payで支払う場合は、LINEクーポン提示後にLINE Pay画面に切り替えて支払います。
「LINE Payクーポン」は、LINE Pay専用クーポンで、クーポンをLINE Payに設定して利用します。
・設定すれば会計時に自動でクーポンが適用されます(クーポンと支払画面の切り替えが不要)。
・LINE Payが利用できないと、クーポンも利用できません。

LINEクーポンとLINE Payクーポンを探したい場合は、LINE下メニューの「ウォレット」>「クーポン」を選択するとLINEクーポンが表示されます。

さらに、表示された画面の上にある「LINE Pay支払い限定」をタップするとLINE Payクーポンのみが表示されます。LINE Payクーポンを取得すると「マイクーポン」に表示されます。

LINE Payの「マイクーポン」を表示したい場合は、LINE下メニューの「ウォレット」>「コード支払い」を選択して、LINE Payコード画面を開きます。

LINE Payコード画面にある「クーポン検索」を開くと取得した「マイクーポン」が表示できます。

クーポン設定もマイクーポンで行い、設定すれば後は支払い時にクーポンが自動で適用されます。

お得に利用したいなら、クーポン利用は必須です。大きな買い物でなければ、数%の還元よりもお得になる可能性があります。

LINEポイント

LINE PayではLINEポイントが利用できます。

また、LINEポイントをためるためのサービスが提供されているので、LINE Payの利用以外でもポイントをためることができます

LINEポイントは、2019年12月27日から「LINEポイント」の外部サービスへの交換を順次終了し、2020年1月1日以降は「LINE Pay」が発行し、連携強化・貯めやすく・使いやすいサービスにしていくと発表しています。

そのため、LINEポイントがLINE Payをお得に利用するための重要なポイントになります。

LINE PayでLINEポイントを利用する場合は、優先設定が必要です。
「LINE Payコード画面」でLINEポイントの横にあるボタンで優先設定が変更できます。

LINEポイントをためる方法

LINEポイントをためるためのサービスは、LINE下メニューの「ウォレット」>「LINEポイント」を選択すると表示できます。

LINEポイントは、ショッピングをしたり、動画を見たり、アプリで遊んだり、無料登録キャンペーンなどでためることができます。

■ショッピングでポイント還元を受ける方法

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで買い物をする時にLINEを経由するだけで、0.5%ポイント還元(※1)を受けることができます。
(※1)ポイント還元率は、時期やショップによって異なります。

LINEポイントメニューの「ショッピング」に還元対象ショップが掲載されています。LINEを経由するだけでポイントがもらえるので、利用しないともったいないです。

ただし、ポイント獲得まで時間がかかるのが難点です。

■たくさんポイント還元を受けたい場合

ポイントをたくさんためたい場合は、LINEに表示されているバナー経由で登録することで、本家キャンペーンの特典に加えて、さらにLINEポイントがもらえるものがあります。

例えば、楽天カードの常設キャンペーンでは入会・利用特典で5,000ポイントもらえますが、LINEを経由して発行することでLINEポイントを追加で4,000ポイントもらえます(※2)。
※発行まで最大60日程度かかります。

同様に、dカードGOLDキャンペーンでは、新規入会特典15,000相当プレゼント以外に、10,000円相当のLINEポイントがもらえます(※2)。
(※2)記事執筆時

■動画やアプリで遊んでもポイントがたまる

これ以外にも、動画を見て1~2ポイントもらえるもの、アプリで遊んで20~100ポイント程度、おためしサービスの無料登録などでは500ポイントもらえるものなどがあります。

「たくさんためたい場合」のキャンペーンに比べて、比較的参加しやすいキャンペーンなので、こちらをメインにポイントをゲットするとよいです。

以上、3つがLINE Payをお得に利用するためのポイントです。

LINE Payは、マイカラープログラムによる通常利用還元率が低いので、利用による還元だけだとお得感はそれほどありません。

しかし、クーポン割引やLINEポイントなどを併用することで、他のスマホ決済サービスよりもお得になる可能性を秘めています。

新しいペイアプリを入れたくない場合は、上記を参考にしてLINE Payをお得に利用してみてください。

Close Menu