LINEブロックチェーン「LINE Token Economy」と5つのサービスを解説。これ稼げる?

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
LINEは2018年9月27日、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表

 メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE社は2018年9月27日、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォーム「LINE Token Economy」と、その上で動作する5つのサービスを発表しました。

この記事では、LINE Token Economyは概要にとどめ、5つのサービスとトークンであるLINK (Point)に焦点をあてて解説しようと思います。

概要:LINE Token Economy

LINE Token Economy main image

LINE Token Economyは「サービス提供者とユーザーの関係をよりフラットにし、ともに成長していくことができる共創関係を目指すトークンエコノミー構想」だそうです。

メッセンジャーアプリ「LINE」とは異なる、新たなプラットフォームとして「LINK Chain」を提供するとのこと。ただ、異なるプラットフォームとされつつ、現状確認できる範囲だと、LINEアカウントでの認証や、一部はLINEアプリ上からでも利用できることから、バックグラウンドのプラットフォームが違うというだけで、LINEのサービスという括りで説明できるのであまり利用する側から下地の違いは感じられません。

このあたりは、予定されているサービス提供の拡大やポイントの交換や利用が活発になってからになるでしょう。

■LINK Chain プラットフォーム
プラットフォームは独自ブロックチェーンとして立てています。LINK Chainの説明、ホワイトペーパーとしてLINEは「LINK.NETWORK」を公開しています。サービス提供を目指してツール開発も進行中とのことなので、利用だけでなくサービス提供側として興味があるなら確認しておきましょう。
https://link.network/html/ja/about.html

■トランザクションの確認等が可能な「LINK SCAN」

・LINK SCAN
https://scan.link.network/

「LINK Point(日本向け)」「LINK(海外向け)」の総発行量や各ユーザーへのインセンティブの付与状況等の確認ができます。
今までの報酬体系や付与状況は、公開されないものでしたが「LINK SCAN」においては、ユーザー同士での評価や、dAppサービスの提供側によるユーザーの評価などを確認することができます。透明性をうたっていると捉えておけばよいでしょう。

トークン:LINK、LINK Point

トークンは取引所売買が可能な海外向け「LINK」と、日本の資金決済法に則した換金性の無い国内向け「LINK Point」の2種があります。
LINKはLINE社が海外で提供している仮想通貨交換所「BITBOX」で、現金だけでなく他の仮想通貨と交換ができ、一方LINK Pointは、LINE上で提供されている「LINEポイント」と、1LINK Point当たり500LINEポイントの固定レートで交換できることから、同社の決済サービス「LINE Pay」などで活用できます。ただし、LINK PointからLINEポイントへの一方通行の変換となっています。

▽「LINK」
・海外向け
・取引所上場トークンとして換金性がある
・LINE運営の「BITBOX」で取り扱い、「Bitcoin/Ethereum/Tether」とペア

▽「LINK Point」
・国内向け
・LINE上で提供される別ポイントという扱いで換金性はない
・1LINK Point当たり500LINEポイントの固定レートで交換できる
・上記から、同社の決済サービス「LINE Pay」で活用できるから問題はない?

海外向けのLINKは10月16日より、LINEの運営する海外仮想通貨取引所のBITBOXで、Bitcoin/Ethereum/Tetherとのペアで売買ができるようになっています。BITBOXには日本からはアクセスできないので例えLINKを手に入れる機会があっても売買することはできません。

未来予想、Q&Aなど、5つの「dApp」サービスを開始予定

当初は5つのサービスカテゴリの提供を予定しており、そのうち2つはサービスを開始しています。それぞれのサービスについて見てみましょう。

未来予想:みんなで予想しあう「4CAST」

4CAST(フォーキャスト)(β版)
https://4cast.to/
※モバイル専用、2018年9月からβサービス提供中です。

未来予想プラットフォーム「4CAST」

ブロックチェーン系で未来予想と聞くと、未来予測市場を展開する「Augur」が思いつく筆者です。ただ、Augurのような複雑さはないので素直に参加の敷居の低さで4CASTのほうが好みですね。
今のところ運営が立てた予想スレに参加者が回答投票・予想の選択肢追加をすることができるだけで、簡単アンケートぽいサービスという感じですが、やることがシンプルなので気軽です。

■4CASTでのLINKの獲得手段
※LINK PointのLINEポイント交換はまだ未実装

・予想に参加して当てる。貰えるポイント量は、予想した早さにより最速予想と最終予想で最大1.5倍差まで変動する。
・LINE/Facebook/TwitterにシェアするLINKが0.001p貰うことができる。1LINKが500LINEポイントなので約0.5円
・ポイントの獲得ランキングで上位に入る。デイリー/週間/月間がある。

ランキング入賞狙いをしないと、頑張って2~4LINK(1000~2000LINE Point/円)がやっとです。ランキング入賞すると一気に100~1000LINK(50000~500000LINE Point/円)に跳ねるという状態で、少し先行きが不安になります。

知識共有:Q&Aプラットフォームの「Wizball」

Wizball(ウィズボール)(β版)
https://wizball.io/feed
※2018年9月からβサービス提供中です。

知識共有プラットフォーム「Wizball」

誰もが思いつくのはYahoo知恵袋というサービス。こちらは報酬があるのでそのあたりが吉と出るか凶と出るか。
Wizballの特徴はVote(投票)という互いに「いいね」的に盛り上げあう事で知識の共有価値を高める仕様で、互いに無関心でVoteしないと結果的に自身の報酬もあまり上がらない環境になります。良い質問、良い回答、優れたVoteが重要。各自Voteには100%枠の限りがあるので考えなしに乱発することはできないようです。

意外と良い仕組みのような気がしますが、報酬額に課題があったり、運営がまだ慣れていない、サイトでのサービス説明が上手く機能していないので洗練されβ感が抜けるのに時間が掛かりそうです。

現在、ただの掲示板みたいなノリにもなっており、かなり使い方がゆるい感じになっています。ある意味面白いかも?

■WizballでのLINKの獲得手段
※ポイントの交換は、10LINK Point~200LINK Point(5,000LINEポイント~100,000LINEポイント)範囲で申請可能。
 毎月末までに申請すれば、審査を経て翌月25日にLINEポイントで支給される。

・新規登録時に0.2LINK Pointが支給される(Wizball退会再登録は除外)
・(1日1回)質問者・回答者・Voterへのインセンティブ精算
・(年2回)保有するWPおよびLINK Point量に応じて、配当を支給

トップランカーでも4LINKくらいです。重要なのがVoteをする/される。Pickのある質問への解答。WPを高めて効率を上げる。で、それでも4LINK(2000 LINE Point/円)

商品レビュー:商品を撮影してレビューと検索「Pasha」

2018年4Qに開始予定
※サービス開始前のためニュースリリースよりそのまま抜粋

「Pasha」は、身の回りにある様々な商品の写真を撮ることでレビュー・検索できるプラットフォームです。調べたい商品の写真を撮るだけで「Pasha」のデータベースから商品情報を検索することができます。データはユーザーが投稿した情報で構成されており、投稿・レビューなどのアクションをしたユーザーには、インセンティブが付与される仕組みとなっております。

グルメレビュー:飲食店の情報を共有「tapas」

2018年4Qに開始予定
※サービス開始前のためニュースリリースよりそのまま抜粋

「TAPAS」は、日本全国にある飲食店の情報を共有することができるグルメレビュープラットフォームです。ユーザーは、実際にお店に訪れた際の“レシート”をカメラで読み込むことで「評価」「コメント」「写真」などを投稿できるので信頼性の高いレビューとして共有されます。投稿・レビューなどのアクションをしたユーザーには、インセンティブが付与される仕組みとなっております。また、店舗情報や食べたメニューは、レシート読取り時に自動的に反映されます。

スポットレビュー:ロケーションSNS「STEP」

2018年4Qに開始予定
※サービス開始前のためニュースリリースよりそのまま抜粋

「STEP(仮)」は、レジャーや旅行などで訪れた場所の思い出を共有するSNSプラットフォームです。アップした写真に位置情報とタグを入力することで、旅行の思い出をBOOKとしてまとめることができます。また、そのBOOKを公開すれば、旅行情報として他のユーザーと共有することができ、閲覧されればされるほど、BOOKの評価が上がりインセンティブを受け取ることができます。

LINK、LINK Pointを稼ぐ(稼げる?)

効率よく1日触って1000円から2000円(相当)、考えなしだと100円も厳しく時給で50~100円(相当)でしょうか。あまりこれで稼ごうと思って参加するものではないでしょう。

全力で挑んで4CASTでランキング入賞し続ければ、1000LINK Point(50万LINEポイント!)も有るので、狭き門ですが稼げると言えなくもないです。時間が有り余ってる人なら、まずデイリーで入賞できるかチャレンジしてみるのも良いでしょう。が、如何せんこの手のランキング系は不正がはびこるので…私もいくつか不正、仕様ミスを突いてポイントを積む穴を見つけました。そのうち塞がるか。不正によるランカーはBANされるか。BANされずに荒れるか。ブロックチェーンであることが不正対策に役立つのか気になるので様子見です。

別件ですが、最低交換が1LINKからではなく20LINKからと少しハードルが高いです。この辺りは改善を求めていく必要がありそうです。

私見ですが、このLINE Token Economyは、ブロックチェーン系サービスとして相互オープンプラットフォームであることがポイント、LINK SCANなどトランザクション公開情報を信用性あるサービス貢献度として自己PR力に、それを集客力にフラットに広範囲で稼ぐのを狙うと化けるかもね?ということが考えられます。そこを今からトランザクションに信用情報を書き込んでおく=未来で稼げる足掛かりと結論づけるのもアリかなと思います。LINE Token Economyが拡がることが大前提ですが、既に国内ならLINEという強力なツールがあるので、詐欺の判別もつかない海外のブロックチェーンプロジェクトに突っ込むよりはマシかもしれません。

Close Menu