LINE PayとVISAが提携|LINE Payでカード利用、またVisa加盟店でLINE Pay利用可能に

LINEアプリ上での送金や店舗での決済が行えるLINE Payは、世界的な決済大手のVisaと提携し、今後のフィンテック分野において両社の強みを活かしたサービスの開発を行うと発表した。

LINE Payからデジタル決済用のVISAカード発行

提携により具体的な機能として、LINE Pay内からVisaブランドのデジタル決済対応カードへの申し込みや利用が可能になるほか、既存のVisaカードをLINE Payに連携してスマートフォン決済に利用することも可能となる。

また今後はポイント還元等のロイヤリティプログラムなどでも協業していく予定とした。

VISA加盟店でLINE Payが利用可能

提携の大きな利点の一つとして、LINE Payユーザーが全世界約5,400万のVisa加盟店でLINE Payを使って決済できるようになることが挙げられている。また以前発表していた「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」についても、今年中に日本へ導入すると発表している。

月間1億8,700万人という世界中のアクティブユーザーを抱えるLINEと、決済の世界的リーダーVISAとの提携により、国内でもキャッシュレスがより身近になっていくことが予想される。

参考:LINE PayとVisa、次世代のフィンテックソリューション 「デジタル決済対応カード」 の提供で提携

関連ワード:LINEVISA
Close Menu