ライン(LINE)が仮想通貨取引業者として金融庁認可へ|来月にもサービスインか

メッセージアプリ大手のライン(LINE)が仮想通貨交換業者に登録を済ませ、早ければ来月にも仮想通貨取引を開始するとブルームバーグが伝えた。

ラインはすでに海外を拠点に仮想通貨取引所を運営しているが、日本での営業は金融庁からの認可待ちとなっていた。また、ラインは独自の通貨LINKを発表しているが、その独自通貨を含めた国内でのサービスを開始することが予想される。

日本国内では8000万人のユーザーを抱えているラインが仮想通貨取引所サービスや、独自通貨の送金サービスを開始することは非常に意味が大きく、フェイスブックの独自通貨リブラ同様に大きな注目が集まることが予想される。

参考:Bloomberg LINE、国内で仮想通貨の取引開始へ-来月にも

Close Menu