Twitterのジャック・ドーシー氏のスクエア社はライトニングネットワーク導入製品を開発中

ツイッターのCEOであるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が運営するモバイル決済開発のスクエア社は、ビットコインのトランザクションを拡張するライトニングネットワーク導入を促進するウォレット開発者向けソリューションを構築中であることを発表した。

ジャック・ドーシー氏は、ビットコインがインターネットの世界的な通貨になると公言している仮想通貨推進派で、定期的に自身の資産をビットコインに変えていることで知られている。

今回発表された「Lightning Development Kit」は、ビットコインのウォレットにライトニングネットワークを簡単に導入できる開発キットで、実際に数十人の開発者からの要望調査を行った上で製品開発を行っていると発表している。

Lightning Network(ライトニングネットワーク)
ライトニングネットワークとはブロックチェーン以外で信頼できる通貨取引を行う仕組み。通常ブロックチェーン技術を使った取引履歴はすべてブロックチェーン上に書き込まれるが、ブロックチェーンとは別に信頼性の高い取引を実現することで、その書き込みを最初と最後だけに限定し途中の履歴を書きこむことを省略しようとする手法。ブロックチェーン上に最初と最後だけしか書き込まないため送金スピードや手数料削減が実現する。

参考: What We’re Building: Lightning Development Kit

Close Menu