フェイスブックの仮想通貨リブラ発行は前途多難

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

16日、米上院でフェイスブックの仮想通貨Libra(リブラ)の公聴会が開かれたが、リブラの発行は前途多難となりそうだ。

その根底にあるのは、やはりフェイスブックの信用問題だ。度重なるプライバシーとセキュリティ問題がリブラにまで飛び火している。

Sherrod Brown議員は、冒頭で「フェイスブックは、危険だ」と述べ、相次ぐスキャンダルで信頼できないと批判した。そして、リブラの担当責任者であるDavid Marcus氏に対して、リブラの信用を確認する質問として「本当に自分たちの通貨を信じているなら、あなたとあなたのチームの給料をリブラで100%受け取ることができるか」と質問した。

これに対して、David Marcus氏は、リブラは銀行や通貨と敵対するようなものではないとしたうえで、リブラを信頼しており、給料の支払いを100%リブラで受け取ってもよいと回答した。

しかし、公聴会後のSherrod Brown議員のツイッターには下記のようなコメントが投稿されており、徹底抗戦の構えを見せている。

今日の公聴会から、アメリカ人が昨日以上に、フェイスブックを信じる理由は何もなかった。
我々は、アメリカ人が一生懸命働いて稼いだお金を手に入れるためのこの計画を、フェイスブックに進めさせることはできない。

公聴会を聞いて分かるのは、フェイスブックの信用問題がリブラやそのウォレットであるカリブラも信用できない原因となっていることだ。コメントにもフェイスブックへの批判的な意見が投稿されている。昨年行われたフェイスブックの公聴会では、CEOのマーク・ザッカーバーグ氏が真摯な対応をしたものの、現時点でもフェイスブックの問題はうやむやのままで完全に解決したとは言えない。

David Marcus氏は、規制当局が承認するまでリブラは発行しないと明言したが、実際に利用するユーザーに受け入れられるためには、まずフェイスブックのプライバシーやセキュリティ問題を先に解決することが重要かもしれない。

17日には下院での公聴会があり、こちらもDavid Marcus氏が出席予定となっている。

Close Menu