仮想通貨で金利を得られるBlockFiが取引サービスを新たに開始

仮想通貨専門の金融サービスを展開するBlockFiは、BTC、ETH、GUSDの3通貨で取引を行えるトレーディングサービスを開始した。

BlockFiは仮想通貨を預けることでUSドルを借りることが出来るローンサービス、そして仮想通貨を預けることで利子を受け取ることが出来る利子口座サービスを展開している。ローンサービスではビットコイン、イーサリアム、ライトコインを預けることでUSドルの貸し出しを行い、利子口座ではビットコイン、イーサリアムに加えステーブルコインであるジェミナイドル(Gemini Dollar/GUSD)を取り扱っている。

今回取引に対応した通貨はビットコイン、イーサリアム、ジェミナイドルで、利子口座に預けた通貨はそのまま交換までBlockFiアカウント内で完結する。通常ステーブルコインなどに利益確定したい場合は、仮想通貨取引所に資金を送付する必要があったため、ユーザーにとっては大きなメリットが追加された。

BlockFiに預ける投資家は、頻繁にトレードしない中・長期的な目線で仮想通貨に投資しているユーザーが多くいると見られており、BlockFiのアカウント内でステーブルコインへ利益確定できるこのトレーディングサービスは非常に重宝される機能となることが予想される。

Close Menu