【DeFi】MakerがDaiを預けることで利子を得ることができる新システムを発表

分散型金融システムDeFi(Decentralize Finance)を牽引しているMaker(MKR)は、次世代のMakerDaoと言える新たなシステムMulti-Collateral Dai (MCD) の発表を行った。現在大阪で開催されているDEVCON5にて、Maker FoundationのCEOであるクリステンセン(Rune Christensen)氏が公表した。

この新しいシステムは11月15日までに行うMKRの保有者に対する投票を経て、11月18日にリリースされる予定となっている。

MakerDaoとは
イーサリアムをスマートコントラクト上にロックしそれを担保にすることでステーブルコインであるDAIを発行し、中央管理者のいない分散型の金融システム(DeFi)の基礎となる仕組みを提供している。

次世代MakerDao、複数担保型のMulti-Collateral Dai (MCD)

今回新たに発表されたMCDの注目されている機能は、イーサリアム以外のERC-20タイプのトークンを担保として取り扱える機能と、以前から多くの要望があったというDai預金金利(Dai Savings Rate/DSR)システムにある。

後者のDSRはステーブルコインであるDaiをスマートコントラクト上でロックすることによって、年間金利を得るシステムとなっており、中央管理者のいない銀行口座預金ともいえるような機能になっている。

発表では、MCDは分散型ファイナンス(DeFi)の将来に大きな影響を与える大きな転換点となると発表され、Daiユーザーだけではなく金融関連のDappsのバックエンドとして簡単に利用することが出来ると強調した。

DeFiの象徴となるDaiの新たなロゴを発表

また、このタイミングでステーブルコインであるDaiの新たなロゴも発表された。このリブランディングは、数か月前から検討されていたと明かし、今回のMCDの新機能のタイミングがふさわしいと発表している。

Daiの次世代

イーサリアムのネットワークを使ったDappsのアクティブユーザーでは、ゲームやギャンブルを抜き金融分野がすでに第1位となっている。またイーサリアムの取り扱い高でも金融部門がダントツとなっており、Dappseで利用されている取引量の50%以上が金融部門での利用となっている。

今回の発表では、Maker Protocolは分散型の金融分野で重要な役割を果たしているが、道のりはまだ始まったばかりであると締めくくっている。

参考:Launch Date of Multi-Collateral Dai, the Dai Savings Rate, and More Announced at Devcon 5

Close Menu