最大5%のポイント還元|10月から開始されるキャッシュレス・消費者還元制度とは

最近様々な場所で耳にすることが多くなったキャッシュレス決済。今回は今年10月から始まるポイント還元が行われるお得な制度「キャッシュレス・消費者還元制度」を消費者の視点で詳しく解説していきます。

キャッシュレスで最大5%還元|期間は9ヶ月限定

「キャッシュレス・消費者還元制度」は消費税率引き上げのタイミングで導入される制度で、6ヵ月間の期間限定で実施され、キャッシュレス決済を行うことで2%~5%のポイント還元を受けることができます。制度の目的は増税に対して消費を促す効果と、政府が目指しているキャッシュレス決済の普及効果を同時に得ようとする制度です。

ポイント還元される店舗はどこ?

消費者視点で一番重要なポイント還元される店舗についてです。

この「キャッシュレス・消費者還元制度」は消費者にポイント還元することで、キャッシュレス決済を促進する目的もありますが、主な目的の一つとして、現在キャッシュレス決済を導入していない小規模店舗へのキャッシュレス決済導入があります。街にある小さな店舗では、端末などの初期導入費用や決済手数料の高さなどによりキャッシュレス決済を導入していない店舗も多い状況です。そのため、この制度では小規模店舗へのキャッシュレス導入への初期費用などの補助も行われます。

いつも使っている小規模店舗がキャッシュレス決済を導入し、消費者へポイント還元してくれる例を多々あると思いますが、すでにキャッシュレス決済を導入している大手店舗ではキャッシュレス決済を使ってもポイント還元はされないので注意しましょう。

それではどんな中・小規模店舗が対象になるんでしょうか?対象となるのは以下となっています。

対象となる中小店舗の条件
 製造業 資本金3億円以下、従業員数が300人以下
 卸売業 資本金1億円以下、従業員数が100人以下
 小売業 資本金5千万円以下 従業員数50人以下
 サービス業 資資本金5千万円以下 従業員数100人以下

自分が良く行くお店が対象かどうかわからないという方でもキャッシュレス・消費者還元制度が始まったら、ポイント還元される店舗では必ず以下のロゴ表示が行われます。ロゴの表示を目安にしてキャッシュレス決済を行い、ポイント還元をゲットしましょう。

コンビニも対象|フランチャイズ店舗は一律2%

気になるのはコンビニやガソリンスタンドなどの大規模展開する店舗ですが、これは小規模事業を行う個人事業主がフランチャイズ登録を行って営業している場合が多いため、フランチャイズ店舗についても中・小規模店舗と見なされポイント還元の対象となっています。

ただ、フランチャイズ店舗に関してはすでにキャッシュレス決済を導入している場合がほとんどですので、還元率は5%ではなく一律2%となっています。

楽天も対象|ネットモールも5%還元

楽天などのネットモールも個人事業主が登録して店舗出店している場合がほとんどです。このインターネット上にあるショッピングモールの場合も、それぞれの店舗は中・小規模店舗と見なされ、上記の中・小規模店舗に該当する場合は5%の還元が行われます。

ポイント還元は決済会社から

政府からの補助金は小売店舗に直接送られるのではなく、決済会社を経由して配布されます。したがって消費者へのポイント還元は、決済会社を通じたポイント付与か決済金額からの差し引きとなります。決済時にその場で決済額から相殺することが認められているため、ほとんどの店舗では購入金額から2%~5%が差し引かれた形で決済されるケースが多いのではないでしょうか。こういった制度上、店舗での現金還元やキャッシュバックという方法は行われません。

キャッシュレス先進国はなぜ現金をやめた?

キャッシュレス化が進む国ではなぜキャッシュレス化が進んでいるんでしょうか。キャッシュレス先進国として知られているスウェーデンでは、中央銀行と民間銀行が協力してキャッシュレスアプリを構築し、日本で言うマイナンバーとの紐づけなども行われています。一言でいうなら政府を中心に大手銀行が協力して、国民にとって使い勝手の良いキャッシュレスシステムを構築したから広まっているのです。

韓国もキャッシュレス先進国として有名ですが、こちらは政府の政策としてポイント還元が行われ広く普及した経緯があります。また中国でキャッシュレスが広まっている理由としては、個人の経済レベルをランク付けする仕組みが背景としてあります。このランクが上がれば個人の経済的な評価が証明され、さまざまな恩恵を受けることができるため、ランク決定にカウントされるキャッシュレス決済が好んで使われています。

どのキャッシュレス先進国も技術進化への意識が高まって自然にキャッシュレス化が進んだということではなく、要するに実際ユーザーが使って「便利だから」「お得だから」キャッシュレス決済が広まっているのです。

キャッシュレスを準備しよう

これまで日本ではこういった状況はありませんでしたが、今年10月からは日本でも日々利用することでお得になる制度が開始されます。皆さんもキャッシュレス決済を準備して、お得なポイント還元を逃さないようにしましょう。

参考:https://cashless.go.jp/

関連ワード:キャッシュレス決済
Close Menu