JR東日本 Suicaでの支払いで最大7%のポイント還元キャンペーンを10月より開催

suica-jrepoint-point-back

JR東日本は10月より「JRE POINT」加盟店舗でのキャッシュレス決済のポイント還元率をアップするキャンペーン、「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」を発表した。

JR東日本:駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!
JR東日本:駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!

JRE POINTとは

JR東日本が運営している、グループ共通のポイントサービスである。JR東日本では以前からあるクレジットカードのビューカードや、電子マネースイカなどといったグループ各社で異なるポイント制度が行われていたが、これらを一本化するために2016年2月より運営している。ポイント利用にはJRE POINTサイトでSuicaやクレジットカードの登録を済ませて、「登録済みSuica」などにしておく必要がある。

JRE POINT
JRE POINT

発表ではキャンペーンの対象期間を、2019年10月1日から2020年6月30日までとしている。ポイント還元率については、駅ビルにあるJRE CARD優待店でのJRE CARDでの支払いでは3.5%から5.5%の2%上がる。エキナカのJRE POINT(Suica)加盟店での登録済みSuicaによる支払いでは、ポイント還元率が2%に上がるとしている。更にキャンペーン期間中、JR東日本が運営するインターネットショッピングサイト「JRE MALL」でのポイント還元率もアップするとし、JRE CARD含むビューカードで支払い時のポイント還元率が3.5%から5.5%にアップするとしている。

還元率の例(JR東日本「駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!」より)
還元率の例(JR東日本「駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!」より)

JRE MALL
JRE MALL

なおJR東日本による発表では、今回のキャンペーンは経済産業省による「キャッシュレス・消費者還元事業」によるポイント還元とは別に行うキャンペーンであるとしている。そのため本キャンペーンの対象店舗で、更に経産省事業の対象でもある店舗の場合では「キャッシュレス・消費者還元事業」と「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」、双方のサービスでJRE POINTが二重に加算されてさらにお得であるとしている。JR東日本の発表資料では今回のキャンペーンで2%のポイント還元の対象店舗で、更に「キャッシュレス・消費者還元事業」で5%のポイント還元対象の店舗の場合は、双方が合算される事で7%のポイント還元となる店舗もあるとしている。

「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」対象店舗で、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象でもある店舗還元率の例(JR東日本「駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!」より)
「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」対象店舗で、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象でもある店舗還元率の例(JR東日本「駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!」より)

・JR東日本 ニュースリリース 2019年9月3日(PDF):駅ビル・エキナカでのキャッシュレスのお支払いで、「JRE POINT」の還元率をアップします!
・JRE POINT:キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン
・JRE MALL:https://www.jreastmall.com/shop/

※タイトルに表記ミスがあったため修正を行いました。(2019年9月9日11時)

Close Menu