精巧に作られた「JCBギフトカード」の偽造カードが発覚|発見されたのは1000円券

クレジットカードの国際ブランドであるJCBは1月10日に公式発表を行い、「JCBギフトカード」の偽造券が発見されたことを公表した。

JCBギフトカードは全国のJCB加盟店にて利用できる紙に印刷された商品券で、¥5000円タイプと¥1000円タイプの2種類が発行されている。今回偽造が見つかったのは¥1000円タイプとしている。

<今回確認された偽造券の主な特徴>
偽造券は精巧なデザインで印刷されていますが、下記の点に真正券との相違点があります。
1) 裏面左上に表記されている券番号が4桁-2桁-6桁-2桁に分割されている。
(真正券は、4桁-8桁-2桁で8桁のところにスペースがない。)
2) 「取扱店様控え」を切り取るためのミシン目(切り取り線)がはっきり見える。
(真正券はミシン目が見えない。)
3) 偽造券は、表面右下の金額表示「1000」が半分黒みがかった部分の手触りが「ざらざら」ではなく、「つるつる」しています。なお、真正券は水平に近い角度から見る(横から見る)と「1000」の数字が浮き出て見えます。
※JCB公式発表より

画像付きの解説で真偽を見分けるポイントを紹介しており、偽造券を発見した際には被害拡大防止のため警察への通報を呼び掛けている。

参考: 「JCBギフトカード」の偽造券発覚について

Close Menu