SEC委員長、ビットコインにナスダックやNYSEと同じ価格発見はない

  • 公開日:
  • 更新日:
  • ICHI

米証券取引委員会委員長のJay Clayton(ジェイ・クレイトン)氏は、CNBCの主催するカンファレンスで、「ビットコインは、主要な取引所で取引される前に、より強い規制が必要だ」と述べた。

また、「もし、ナスダックやニューヨーク証券取引所(NYSE)と同じ、厳格な価格発見があると考えているならば、大きな間違いだ」と述べ、「取引がより適切に規制されていると確信できるところまで到達する必要がある」と語った。

一般的に先物取引などで利用される価格は、需要を反映した公正な価格を発信する必要がある。また、価格の異常な高騰や暴落など、価格が乱高下する事態は商品の価格を適正に反映できているとは言えない。

適正な価格を反映するには、取引規則・方法などを定める必要があるが、暗号通貨市場では、それら規則の作成や遵守が難しいとみて、クレイトン氏は上記の発言に至ったと考えられる。

また、SECは暗号通貨市場の規模の小さいことや価格操作の観点からビットコインETFの承認を延期している。

VanEckらが、規則144Aに基づいて、適格機関投資家(QIB)に限定して発売した「VanEck SolidX Bitcoin Trust 144Aシェア」はほぼ利用されておらず、ビットコインETFの審査期限を前に上場申請を撤回した。

また、直近では、Bitwiseが、ビットコインETFの審査期限に向けて、SECに新たな市場報告書を提出したが、承認の見込みはほぼないと見られている。

参考:CNBC

Close Menu