イタリアマフィアが仮想通貨で資金洗浄か?

Switzerlandとitaliansmafia

イタリアの現地紙Valoriによると、仮想通貨スタートアップの「eidoo」が2017年移転したスイスにある建物が世界的な犯罪組織「ンドランゲタ」関係者の所有物だった事、さらにその関係者の会社から会計および給与計算のサービスを受けていた事で取り調べを受けている事が明らかになりました。

valori
valoriトップページ

問題の建物の所有者であるOliver Camponovoは、かつて「ンドランゲタ」の人身売買に絡む資金洗浄で有罪となり、その後もICOを通じてマフィアの資金洗浄を行ったとされる人物です。
この件に関して後日eidooは、その建物や会計および給与計算のサービス会社がマフィアと関係していることは知らなかったとコメントしています。

eidoo postionpaper
eidooのpostionpaper

ただし、「マフィアの誰かが将来スタートアップサービスを利用するためのバウチャーである私たちのトークンを購入したことを排除することはできません」とeidooはコメントしています。

「ンドランゲタ」を対象に去年12月に行われたイタリア、ドイツ、オランダ、ベルギーの司法当局と警察による国際的な取り締まり作戦「European ‘ndrangheta connection」では、彼らがビットコインについて熟知して麻薬取引やeidoo以外にも資金洗浄にこれを用いている事が分かっています。
この作戦を率いたNicola Morraアンチマフィア委員長はニュース番組の中で「マフィアはビットコインなどのテクノロジを犯罪目的に使用する専門家になっている」とコメントしています。

この他にもOliver Camponovoは、Bitfinexの創業者でありCFOのGiancarlo Devasini氏がスイスに設立したSmart Property Solutionsが入居している建物を所有しており、更にSmart Property Solutionsの監査人がCamponovoの関係者とも報じています。

Bitfinexは先日の仮想通貨取引量水増し疑惑で純粋なデータを提出している「リアル10」の1つに選ばれていますが、今回のこの問題がどう進展するか注目です。

[参考]
・valori 21.03.2019: Chiasso: dove riciclatori, ‘ndrine e criptovalute s’incontrano
・valori 21.03.2019: Banche, politica, blogger: tutti gli affari dietro le “cripto” elvetiche
・eidoo Announcements: POSITION PAPER EIDOO of 21/03/2019 April 05, 2019 13:24 Updated
・Linkiesta 03 aprile 2019: Aiuto, la ’ndrangheta ha scoperto i bitcoin (e non c’e una legge per evitare il riciclaggio)

Close Menu