EveryCoin

全世界すべての人たちに向けた無料金融口座の普及と通貨間の自由な交換を目標にマルチブロックチェインを活用した新たな分散型金融プラットフォーム

概要

Aaronプラットフォームは Block Chain 3.0技術のオープンソース分散元帳技術を適用したMain Block ChainとSide Block Chainを互いに連動することで、安定性と信頼性、セキュリティ等最新技術を適用したプラットフォームであり、Main Block Chainは市場経済の論理によって価格が変動する流動性をもったEverycoinを貨幣とし、Side Block Chainでは固定通貨のTabiPayを使うことで全世界の貨幣と連動が可能で、リアルタイムで商店決済、振込み、送金、引き出しなどATMの役割まで適用した最新技術と革新的なアイデアが結合したものとなっています。
Everycoinの最大の目的は全世界で使われるオンライン仮想通貨の基準となり、商用通貨になることです。

ICOステータス
進行中
プレセール 1
2018-08-252018-09-20
プレセール 2
2018-09-222018-10-20
ICOセール
2018-10-252018-12-25
ICO公式サイト
タイ

ICOトークン情報

通貨シンボル
EYC
初期価格
0.00000714 ETH
最低購入金額
0.01 ETH
最低目標金額
19,000 ETH
最高目標金額
246,100 ETH
トークン総発行数
88,800,000,000
トークン分配数
35,520,000,000
トークン分配率
40%
販売済みトークン数
1,372,549,020
参加可能通貨シンボル
ETH
プラットフォーム
Ethereum
タイプ
ERC20

ボーナス

★ プレセール 1(2018年8月25日から2018年9月20日) : 1ETH = 100,000EYC + ボーナス: 40,000EYC
★ プレセール 2(2018年9月22日から2018年10月20日) : 1ETH = 100,000EYC + ボーナス: 25,000EYC
★ ICO(2018年10月25から2018年12月25日) : 1ETH = 100,000EYC

特徴

総額60,000,000 EYC のエアドロップ開催中
バウンティー
エアドロップ
あり

総額60,000,000 EYC のエアドロップ開催
1.期間:2018年8月6日から2018年9月20日まで
2.特徴
1)会員登録で1,000エヴリコイン獲得(=6.25$相当)
2)友達紹介で200エヴリコイン獲得
3)紹介した友達がプリセールに参加で最大3%のボーナスが貰えます。
3.参加方法
1)会員登録イベント
エヴリコイン(www.everycoin.io)のホームページから会員登録します。
登録後に発送されたメールから認証を完了後、1,000EYCが送られます。
2)友達紹介イベント
エヴリコイン(www.everycoin.io)のホームページからログインします。
ログイン後、My Account上段のreferral addressよりアドレスをコピー後、そのアドレスを友達に送付します。
送付したアドレスから友達が会員登録を完了後、イベント完了となります。
(友達1人当たり200EYCを受けることが可能で限度はありません。)
3)プリセール招待イベント
referral addressから会員登録した友達がプリセールでエヴリコインを購入すると、最大3%までボーナスを受け取ることができます。
あなたの友達が購入した金額は累積され、その累積額からボーナスをもらうことになります。
ボーナスは下記の通りです。
-1から9 Ethereum: 0.5%。
-10から50 Ethereum: 1.0%
-51から100 Ethereum: 1.5%
-101から150 Ethereum: 2.0%
-151から200 Ethereum: 2.5%
-201以上の Ethereum: 3.0%
4.支給方法
プリセール終了後、配布されます。(2018.10.30 配布予定です。)
ただしプリセール招待イベントはこれとは別となっております。

ICOプロファイルスコア

86%

ホワイトペーパー
ホワイトペーパー説明
ビデオプレゼン
活動報告-写真
モックアップ(製品サンプル)
チーム情報
アドバイザー情報
協賛企業
ロードマップ-マイルストーン
ホワイトリスト(KYC含む事前登録)
ファイナンス(運用目的内訳)
未達時対応-返金有無
総トークン
トークン提供割合
ソフトキャップ
ハードキャップ
拠点住所
連絡先
Bitcointalk
youtube
GitHub(ソースコード)
Facebook
LinkedIn
Telegram

ソーシャルメディア

検索サイトランク
626,514
Twitter(フォロワー数)
1,051
Twitter(いいね数)
5
YouTube(登録者数)
620
YouTube(視聴回数)
2,952
Telegram(メンバー数)
3,526

プロジェクト詳細

1.私たちのBlockChainソリューション特徴について
1)Multi BlockChainで3,000TPSと非常に早い速度です。(ビットコインの比5,000倍/イーサリアム比2,000倍)
2)手数料は無料か、あっても大変少額です。
3)マルチブロックチェーンは、メインブロックチェーン(Main BlockChain)とサイドブロックチェーン(Side BlockChain)で構成されています。
4)メインブロックチェーンはエヴリコイン、サイドブロックチェーンはタビペイ(TabiPay)とエコチェーン(Eco-Chain)で構成されます。
5)それぞれのサイドチェーン(TabiPay、Eco-Chain)は再びメインチェーンとサイドチェーンで分割することができ、ブロックチェーンの膨張を防止します。
6)私たちのスマートコントラクト(Smart contract)は簡単便利に適用することができます。
7)プログラムを知らなくても誰でも簡単にブロックチェーンを基盤として自分だけのポイント、マイレージなどの電子マネーを簡単に発行することができます。
2.Multi BlockChain構成
1)エヴリコイン(EveryCoin)-メインチェーン
Aaron Main BlockChainはシステム全体のバックボーンであるAaron OSで動作するブロックチェーンであり、サイドチェーンインデックスシステム、トークンシステム、およびDDPOS合意プロトコルで構成されています。 EveryCoinはサイドチェーンとインテリジェントエクスチェンジのためにメインチェーンで主要通貨として使用されるトークンです。
2)タビペイ(TabiPay)-サイドチェーン
タビペイ(TabiPay)はアーロンプラットフォーム(Aaron Platform)のサイドチェーンで使用される仮想通貨であり、トランザクションチェーン方式のバンキングブロックチェーンでもあります。 タビペイブロックチェーンのシステムノードは私たちのパートナーが所有して操作するノードで構成されるコンソーシアムブロックチェーンで、DPOS(Delegated Proof of Stake)合意アルゴリズムを使用します。  TabiPay BlockChainのシステムノードは、パートナーが所有して操作するノードで構成されるコンソーシアムブロックチェーンです。 TabiPayは固定型暗号の貨幣として仮想通貨と法定紙幣の基軸通貨として使用され、タイのバーツ(THB)と連動して世界各国の為替レートによって各国別法定紙幣に転換されます。 クレジットカードや現金がなくてもタビペイアプリ(App)を通じて商店でいつでも便利に決済が可能で、またTabiPayはTabiPay直営店と提携先での直接補充も可能、さらに海外の商店で決済はもちろん、入金・出金、送金も可能という銀行のATM機の役割を代行することができるプラットフォームです。 まもなく金融口座を開設するために既存の銀行を訪問する必要はなくなり、近くのコンビニ、質屋、スーパーマーケットが銀行の窓口代わりになり、365日24時間いつでも入金と出金、送金を行うことができるようになります。 TabiPayは商店を開設する上で、従来の営業方式ではなく、オンラインApp認証後にリアルタイムで資金の出し入れが可能であり、導入が容易で広がることで自らが広報することになって結局は全世界のオンラインおよびオフラインすべての店で使用されるプラットフォームになるでしょう。 なおTabiPayでは発行限度を指定せず、会社が保有したEverycoinの限度内で発行されます。 発行されたTabiPayは指定された銀行に預金されて安全に保管されます。
3)エコチェーン(ECO-Chain)
アーロンプラットフォーム(Aaron Platform)のエコチェーンシステム(Eco-Chain System)は、Ethereum技術のさらに進化をさせてトークンだけでなく他のデジタル資産(Digital Asset)も創出するBlockChainエコシステムを提供します。 なおエコチェーンシステムのメインチェーンはエヴリコインになり、ここにDAGモデルに基づいたTabiPay MainChainが接続されます。 各エコチェーンは個々のサイドチェーンに発展または融合されます。
3.アーロンウォルレット(Aaron Wallet)やアーロン取引所
Currency Matching Engine技術を利用して、仮想通貨同士の交換だけでなく法定貨幣との交換、エコチェーン(Eco-Chain)のデジタル貨幣(Digital Currency)との交換をリアルタイムで提供します。
ビットコインが世の中に普及後にすべて人たちが"果たしてビットコインが活性化を推進するか"という疑問が持ち、ほとんどの人たちは否定的な考えを持つ反面、肯定的な考えを持った1%の人々が結局、百万長者を越えて億万長者になりました。 その理由はまさにビットコインが世の中で一番先に誕生した仮想通貨であるため、そしてその理由だけで多くの人たちが実際の保有者と使用者になりました。 Everycoinの最大の目的は全世界で使用されるオンライン仮想通貨の基準になり、商用通貨になることです。
このような仮想通貨の基準になろうとAaron Systemの役員や従業員はこの4年の間に実質的な基軸通貨となるため、合理的な条件を持った仮想通貨を完成させました。

  • 2014年

    米国にグローバルメンバーシップ会社設立
    (現在、米国、中国、韓国、フィリピン、ベトナム、タイに会員約100,000人確保)

  • 2015年

    オンライン暗号貨幣取引所設立

  • 2016年

    タビペイ開発及び運営
    アーロンのプラットフォーム開発着手

  • 2017年

    タビペイ開発完了
    加盟フランチャイズ専門運営法人設立
    ベトナム:Anynew Finance Corp.設立
    タイ:Anynew Cryptocurrency Exchange Corp.設立

  • 2018年

    アーロンプラットフォームブロックの技術セキュリティ
    タイ:Aaron System Co., Ltd設立
    プライベートセール /プレセール / ICO
    タイグローバルカンファレンスの開催
    ベトナムグローバルカンファレンスの開催
    インドネシアグローバルカンファレンスの開催

    * 予定
    タイオンライン取引所上場
    エヴリコイン協力取引所に登録
    Tabi ウォレット(Tabi Wallet)ベータオープン

  • 2019年

    タビペイシステムベータオープン
    エヴリコイングローバル取引所オープン
    タビペイグローバルネットワーク (タイ/ベトナム/インドネシア)
    タビペイグローバルネットワーク (フィリピン/ラオス/ミャンマー/カンボジア/マレーシア/シンガポール/中国/米国/日本)

  • 2020年

    アーロンブロックのテストネット
    アーロン・ウォルレットベータオープン

  • 2021年

    アーロンプラットフォームベータオープン
    アーロンプラットフォーム開始(アーロンブロックチェーンメインネット)

チームメンバー

AARON JIN
CEO
JAE WOO KIM
CTO
HYO SEUNG MOON
CMO
DONG HO SEO
CFO
JU MIN EUM
CCO
SERMPON TILAKUL
Marketing Director
KYE BONG CHOI
Senior Developer
BRIAN HONG
Communication Director
SAMUEL PHAM
Marketing General Director
DEBORAH YUN
Asean Manager
SEUNG HO LEE
Communication General Manager
TRAN THI MY LINH
Communication Staff
TRAN THI THOA
Marketing Staff

アドバイザー

General DR. BUNDITH PIRIYASAISUNTI PH.D
Doctoral of Public Adminstration Curriculum
Mr. PIYANAT PRASERTNOO
Acting Leader
Mr. Vorapop Vutcharavit
Consultation of Prompt Technolagy Co.,Ltd. For SKADA Project
Pol. Col.Archawin Bundhamcharoen
Thayang Police Station
Mr. Cheol Je Cho, PH D
Siam University
Mr. Jung Sug Chae
Representative Lawyer of Law firm
Mr. CHUMPHON INTHONGNOI
Royal Thai Aide-De-Camp Department
Mr. REYES MOY DOMINIC UNGSON
M Corporation President
Mr. Moon Ji In
Real Stock Financing
Mr. REYES ROBERT
ROBx ENTERPRISE
Mr. Soung Wook Lee
CEO of MONGOHANSCOM/ Orange Cable TV

コメント

ICOについて報告

掲載している内容に不備やお気づきの点などがある場合は、お手数をおかけしますが、こちらのお問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

Close Menu