IBMがブロックチェーン技術を使った新たな物流システム「Trust Your Supplier」を発表

システム開発大手のIBMがブロックチェーン技術を使った物流システム「Trust Your Supplier」を正式発表した。この物流システムは特定の業界向けのものではなく、物流するあらゆる製品を対象にしており、メーカー側から出荷し様々な経路をたどる物流経路をブロックチェーンネットワークを使って追跡し、物流システム全体を効率化させることを目的にしたプラットフォームと発表した。

このソリューションはIBMクラウドで提供している「IBM Blockchain Platform」上で構築され、ブロックチェーン企業であるChainyardが開発した製品を統合する形で実現している。また、この物流システムの初期参加メンバーには、IT大手はもちろん、飲料メーカーや製薬会社まで様々な業種の大手企業が加わっている。

初期参加企業
アンハイザー・ブッシュ・インベブ(AB InBev)
 バドワイザーで有名なビール販売の世界最大手

グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)
 ロンドンを拠点にする製薬会社大手

CISCOシステムズ
 カリフォルニアに本社を置くテクノロジー大手

シュナイダーエレクトリック
 フランスに本社を置く電気総合メーカー

NOKIA
 フィンランドの携帯端末大手

LENOVO
 香港に本社を置くPC製造メーカー

vodafone
 イギリスに本社を置く通信大手

従来の物流管理には多くの手動プロセス

公式発表では、従来の物流システムはコストのかかる手動プロセスが多く残されており、そのためメーカーや小売店が流通している製品を一元管理できない問題があったという。しかし、今回のようにブロックチェーン上に構築された改ざんされることのないデータ追跡を行うことにより、多くのプロセスを省き物流全体を効率化できるように設計されている。

メーカー側のデータ提供を第三者が監査

また、ブロックチェーン上のデータが信用を得るためには、メーカー側のデータの真偽を問う第三者の監査が必要だが、こちらも信用調査会社で大手のDun&Bradstreet、Ecovadis、RapidRatingsなどの監査機関が行うことが発表されている。

IBMは数か月以内に北米で採用 50%コスト削減

世界中に18500にも上る製品メーカーを抱えるIBMでは、数か月以内にこの物流システム「Trust Your Supplier」を北米から採用する予定としており、自社管理コストの50%を削減できると予測している。

LenovoのData Center Group、Renee Ure氏
ブロックチェーン技術は、企業が物流システムを管理するすべての機能を構築する能力を持っています。信頼できる製造元データを追跡することにより、小売店とメーカーの双方がコストや納品期間を削減することができ、ブロックチェーンのメリットを享受できます。

Nokiaの製品調達部門 Sanjay Mehta氏
IBMやChainyardとこのプロジェクトに参加することは、ノキアの製造管理工程を効率化し製造メーカーとしての地位をさらに強化させます。最新技術を駆使して過去の課題に対処することは誰にとっても有益で、革新的なソリューション技術は今後も向上を続けるでしょう

参考:IBM News Room / Leading Tech, Telecom, Pharma, Beverage and Manufacturing Companies Collaborate with IBM and Chainyard to Simplify Supply Chain Management Using a New Blockchain Network

関連ワード:IBM物流
Close Menu