安倍総理「暗号資産やブロックチェーン技術を勉強した」参議院予算委員会

2月7日に参議院予算委員会が行われ、「仮想通貨税制を変える会」を設立して有名な藤巻議員から仮想通貨に関する質問が行われた。藤巻議員から行われた仮想通貨とブロックチェーンに関する全文を掲載する。

参議院インターネット中継より

 
藤巻議員
日本はGDPの成長率で新興国だけでなく先進国からも大きく差をあけられている。日本の産業の成長のきっかけになるものとして、ブロックチェーン技術や仮想通貨があると思っている。

ブロックチェーンはインターネットの次の革命と言われ、世界中で研究されているが、日本では税制などで発展をブロックしている。ブロックチェーン技術や仮想通貨は日本の未来の飯のタネだと思っているがどうか。

内閣府特命担当大臣 茂木 敏充 経済再生担当
仮想通貨はどうかは別にして、今後進んでいくフィンテック技術について、ブロックチェーン技術を活かして、個人情報の問題であったり、さまざまなセキュリティを確保していくのは極めて重要なことだと考えています。

同時に日本は、車の世界では世界一です。自動走行が実現すればセンサーやカメラなどの日本の技術は極めて重要でありまして、次世代のモビリティについてもそうであります。また日本には健康保険制度によって、さまざまな情報があります。

ビッグデータを活用することによって、個人それぞれにあったケア、予防、そして医療サービスが提供できる。次世代のヘルスケアなど、さまざまな可能性を我が国は持っていると考えています。

藤巻議員
「仮想通貨はともかく」とよく言われるが、仮想通貨とブロックチェーンはコインで言うと表と裏の関係にありますよ。

仮想通貨がなければブロックチェーン、特にパブリック型のブロックチェーンは発展しませんからね。ブロックチェーンはいいけれども、仮想通貨はダメなんていう話は通用しません。もうちょっと勉強していただきたい。

それからもう一つ言いますと、日経新聞「ブロックチェーン分散の利点 GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)寡占の弊害克服」という記事があります。その中で誰もが使いたがる強力なサービスを開発できれば、ブロックチェーンの普及は一気に進む可能性があるという指摘がある。今目の前にある巨大なビジネスチャンスだ。と指摘されている。そういう認識はありますか?

目の前に巨大なビジネスチャンスがあるのに、税制などの規制で成長をブロックしているように思うんですがいかがでしょうか。

安倍総理
仮想通貨については国際的な動向を踏まえて、今後、暗号資産と呼ぶのが適当と思われますので、暗号資産と呼ばさせていただきます。

ブロックチェーン技術やご指摘の暗号資産については、金融分野のみならず、多様なITビジネスの展開を可能とする他、さまざまな分野で利便性、安全性向上など大きな可能性を秘めていると考えています。

先般、創設したサンドボックス制度を活用し、あるベンチャー企業が暗号資産の流動性を高める世界初のビジネスモデルに挑戦するなど、この分野で世界に十分戦えるベンチャー企業が日本の存在することは事実であります。この技術についてはしっかりと注目していかなければならないとわたくしも思っております。

いろいろブロックチェーンなどご指摘がありましたので、その後わたくしも勉強させていただきました。

その上で、この分野でなにが世界に勝てるのかというのが重要になっている。ブロックチェーン技術が政府とは関係なく、ベンチャー企業を中心にダイナミックに発展してきたように、第4次産業革命が加速度的に進む現代にあって、政府が発展する分野がこの分野であると決定することはできない。成長の核となる産業をしっかりと研究する必要があると考えている。

藤巻議員
先日のわたくしの質問に対して総理がブロックチェーンに対して興味を持っていただき勉強していただいたことに非常にうれしく思います。より一層勉強して日本の未来のためにしていただければと思います。

仮想通貨だが、先ほどの茂木大臣さんのように仮想通貨とブロックチェーンを分断して考える方もいらっしゃいますが、仮想通貨自体にもものすごい可能性があると思っているんですよね。20億人ほど銀行口座を持ってない方が世界にはいます。その方たちは現状経済活動から除外されている状態なんです。

たとえば私が3房のバナナを買いたいと思っていても、相手が銀行口座をもっていなければ、ましてフィリピンペソを送るわけにもいかないですし、取引が成立しない。ところがスマートフォンさえ持っていれば仮想通貨は簡単に取引できる。

要するに今銀行口座を持っていない20億人が世界経済の中に取り込まれということ。これにはものすごい可能性があるとわたくしは思っているが、その辺を一生懸命勉強していただければと思います。

安倍総理
暗号資産、仮想通貨でありますが、暗号資産に活用されているブロックチェーン技術を含め、フィンテックなどの新しい技術には大きな可能性があるという認識をしております。これは茂木大臣が答弁をしていることでもありますが。

技術の安全性の確保は必要だが利用者の利便性向上につながるよう様々な主体がその活用にチャレンジしていくことが期待されます。

他方で、取り扱い業者をめぐって、問題となる事例も生じております。イノベーションと利用者保護のバランスを取りながら適切に対応して参りたいと思います。

藤巻議員
総理も今後とも興味を持って前向きに検討していただければと思います。

関連ワード:税金藤巻議員
Close Menu