香港に拠点を置く海外取引所「KuCoin」が日本でのサービス停止を発表

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
香港に拠点を置く海外取引所「KuCoin」が日本でのサービス停止を発表

 香港に拠点を置く海外取引所「KuCoin」が6月28日、公式アナウンスとして「日本人向けのサービス停止を発表」しました。

KuCoinは海外取引所のバイナンスと同様に、アルトコインの中でも特に草コインと言われるマイナーなコインを多く取り扱う取引所として有名です。

香港に拠点を置く海外取引所「KuCoin」が日本でのサービス停止を発表

発表内容でKuCoinは、「日本の法律の条件の観点から、日本のトレーダーからの暗号通貨取引を終了する。日本からのKYC(本人)確認リクエストは今後すべて拒否し、日本語サポートも終了する」と書かれています。

金融庁によるバイナンスへの警告以降、日本へのサービスを停止する動きが海外取引所に拡がっています。バイナンスへの警告内容は営業停止の勧告と告発の可能性を明確に示していただけに、どれほど日本からの取引収益が見込めるとしても企業として警戒しないわけにはいきません。

しかし、最初に警告を受けたバイナンスは日本語サポートは終了したものの、現在もサービスを提供中です。
また先行して日本へのサービス停止を発表したHitBTCはその後日本向けに別途、取引所開設を検討中を匂わせる発言もしています。

金融庁による仮想通貨取引所への立ち入り検査は激しさを増していますが、今後さらにこの動きが加速するのか動向が注目されます。

Close Menu