博報堂DYメディアパートナーズ、dAppsゲーム領域プロジェクト「PlayAsset」 東京理科大発スタートアップと協業

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 編集者P
博報堂DYメディアパートナーズ、dAppsゲーム領域プロジェクト「PlayAsset」 東京理科大発スタートアップと協業

『ゲームを遊ぶことが価値になる世界の実現を目指す』

 博報堂DYメディアパートナーズが東京理科大発のスタートアップ「Shinonome」と協業、今後市場の成長が期待できる、ブロックチェーン技術を活用したdAppsゲーム領域の新規事業開発を行うプロジェクト「PlayAsset(プレイアセット)」を立ち上げました。

今後、現在のところ暗号資産(仮想通貨)でのみ課⾦できるdAppsゲームに対し、法定通貨での課⾦を可能にする決済システムの構築や、dApps開発のための基盤の開発・整備、および機能のAPI化による開発の簡略化を⽬指すといいます。

2019年内は開発及びテストマーケティング期間と設定、実際にプロダクトを市場投⼊し実証実験を⾏いながら、実⽤性や事業性の検証を進め、将来的にはゲーム領域にみにとどまらない、dAppsビジネスの可能性を模索した新規事業の⽴ち上げを⽬指すそうです。

ゲームを遊ぶことが価値になる世界の実現を目指す 博報堂DYメディアパートナーズ、dAppsゲーム領域のプロジェクト「PlayAsset」を組成 東京理科大発のスタートアップと協業

※以下ニュースリリースより引用

「PlayAsset」は、「ゲームを遊ぶことが資産や価値になる世界を実現したい」という思いを込め、「Play to Asset」をミッションとして、東京理科⼤学発のスタートアップの「Shinonome」を技術パートナーとし、ブロックチェーン業界の有識者などと連携しながら、dAppsゲームの成⻑を妨げている現状の課題を解決するための新規プロダクト開発を⾏います。


< Shinonome 概要>
所在地: 東京都千代⽥区飯⽥橋 4-10-1 セントラルプラザ 2F 東京理科⼤学オープンカレッジ Room7
代表者: 種市隼兵(代表取締役社⻑)
業務内容: 東京理科⼤学インベストメント・マネジメントからの⽀援を受け東京理科⼤学発ベンチャーとして複数の提携⼤学への学内テクノロジー教育の提供およびソフトウェア研究開発を⾏っています。

[参考:]
博報堂DYメディアパートナーズ、 dAppsゲーム領域における新規事業開発を行うプロジェクト「PlayAsset」を組成 東京理科大発のスタートアップShinonome社と協業し、 ゲームを遊ぶことが価値になる世界の実現を目指す|ニュースリリース|博報堂DYメディアパートナーズ
ニュースリリース詳細(pdf)

Close Menu