ビットコイン投資信託グレースケールのSEC認定|コインベースがあらためて評価

22日、仮想通貨専門の米資産運用会社グレースケール(GRAYSCALE)が、米証券取引委員会(SEC)から報告会社への認可を受けたが、コインベースカストディがあらためて業界にとって重要な出来事と評価を行っている。

グレースケールの投資信託はビットコインを始め、ライトコインやジーキャッシュなど、約10種類の主要な仮想通貨を取り扱っているが、今回SECから報告指定を受けたのはビットコイン(Grayscale Bitcoin Trust/GBTC)投資信託となっている。

この指定は仮想通貨の金融商品として初めての登録となっており、定期的に厳正な報告義務が課されるが、投資家の最低保有期間が1年から半年へ短縮され流動性が上がるメリットや、透明性が増し投資家への信頼度向上などが期待できる。

コインベースカストディがグレースケール資産を管理

グレースケールの巨額の仮想通貨資産を預かり管理しているのは、取引所コインベースが提供するカストディ部門だ。そのコインベースカストディが、今回受けたグレースケールのSEC認定をあらためて業界にとって非常に大きなこととしてツイートしている。

昨日、グレースケールがデジタル通貨運用会社として初めてSEC報告会社に指定されました。このことはグレースケールにとってはもちろん、デジタル通貨業界全体にとっても重要なステップです。

参考: Top 6 Things to Know About Grayscale Bitcoin Trust Now That it’s an SEC Reporting Company

Close Menu