GMOコイン仮想通貨アンケート調査から見えた典型的な仮想通貨取引ユーザー像とは

むかし、むかし、あるところに、とある理由で妖怪界を追放されてしまった一匹の「河童」がいました。人間社会で強く生きていくことを決めた河童はおもむろに仮想通貨に興味を抱き、仮想通貨取引所の口座を開設しようとしたり、仮想通貨関連のニュースを読み漁ったりしていました。そんな河童は今回、仮想通貨交換業を営むGMOコインがGMOコインユーザー1万名を対象に実施した仮想通貨アンケートに目を留めました。

河童:「先日どこかが発表したアンケート結果は2万人に聞いておいてそのうち仮想通貨取引ユーザー1000人という意味があるのかないのかわからない代物だった。一方こちらは実際に仮想通貨取引をしているユーザーだけを対象に聞いているから意味のある内容になっているはずだ。期待しちゃうぞ!」

相変わらず上から目線の河童。

河童:「どれどれ、気になった設問を順に見ていくとしよう。」

河童はその鋭い目で舐めるようにアンケートを見始めました。

願望を込めて仮想通貨に対する期待値だけは高い

河童:「強く期待している42%、やや期待している25%ということでおよそ7割が仮想通貨の今後に期待しているようだ。まぁ少なからず仮想通貨を購入してしまったわけだから、“価格が高騰してくれ”という願望を込めての期待に違いない。」

 

リップル人気が高い

河童:「リップル大人気だな。おそらくアンケート回答者の多くがリップルを購入しているということなのだろう。どうせならなぜリップルに期待しているかも聞いて欲しかったところだ。」

 

価格が上がるまではガチホするしかない

河童:「長期保有が7割か。つまり価格が上がるまでしばらく保有しておくしか手はないってことだな。」

 

仮想通貨取引ユーザーの大多数は出川組

河童:「9割以上が2017年以降に取引を開始か。これはすなわち現時点では仮想通貨取引ユーザーの9割は損しているということを意味している。勝ち組は1割、負け組が9割ということだな。」

 

資産運用にそれほど関心があるわけではない

河童:「他の資産運用はしてないが4割。ということは、言い換えればこの4割は投資自体には大して興味がなく、“仮想通貨は儲かりそうだからちょこっと購入して一儲けしよう”と安易に考えてやってきた連中ってことだな。」

 

少ない投資で大きく儲けようとしている

河童:「“少額から投資できる”、“高いリターンが期待できる”、まさにローリスクハイリターンを期待した連中の声だ。安いリップルを買っておけば寝かせておくだけでそのうち何倍にもなると期待しているわけだな。甘ーい!」

 

急落する相場変動を恐れている

河童:「相場変動に不安を感じている!?ちょっ待てよ、価格が上昇する変動には散々期待しているくせに下落する変動はやたらと心配しているわけか。人間とはなんと都合のいい生き物なんだ!」

 

GMOコインのサービスを評価できるほど取引していない

河童:「普通が多いのが気になるな。キュッ、わかったぞ!価格が低迷しているためほとんどのユーザーはログインすらしていない。だからサービスが良いも悪いもなく普通と答えているんだな。間違いない。」

今回のアンケートを通じて河童には典型的な仮想通貨取引ユーザーの姿が見えたようです。

< 河童が見た現在の典型的な仮想通貨取引ユーザー像 >
・仮想通貨取引に参入したのは2017年末から2018年初頭(いわゆる出川組)
・リップル中心に仮想通貨を購入するも価格が下がってしまい売るに売れない
・基本的には資産運用に興味はない
・少ない投資で大きく儲けようとしている
・価格が暴落するんじゃないかと常に冷や冷やしている
・GMOコインに対しては特に悪い印象を持っていない

 
———

アンケート結果を読了した河童は疲れて眠ってしまいました。アンケート結果を見るのもいいけど、今度は自分もアンケートに答えてみたいと思う河童なのでした。

 
参考:【プレスリリース】仮想通貨ユーザー約1万名を対象にしたアンケート調査結果のお知らせ

Close Menu